日誌(WUG)

Wake Up, Girls! のこと

2016-08-14 Wake Up, Girls! 3rd LIVE TOUR 「あっちこっち行くけどごめんね!」 沖縄公演セットリスト

セットリストのみ速報で。

2016-08-06 Wake Up, Girls! 勾当台公園ライブレポ

2016年8月6日(土)、仙台市勾当台公園野外音楽堂で開催された『KHB七夕フェスタ ~音楽のチカラで宮城をもっと元気に!~ 1日目 SECOND STAGE』のWake Up, Girls!勾当台公園ライブのレポートです。ライブ当日までの流れもまとめておきます。

ライブ発表まで

今年の3月に「Wake Up, Girls! 3rd LIVE TOUR」の開催と日程が発表された時、仙台公演は七夕祭りの中日である2016年8月7日(日)とされたことから、仙台でライブとは別の試みが何かあるのではないかと期待されました。毎年8月6日から8月8日にかけて行われる仙台の七夕祭りは全国的にも有名ですが、七夕関連で何かあるのでは、と。

2016年7月4日、TOHOシネマズ仙台オープン記念の『「Wake Up, Girls! Beyond the Bottom Dolby Atmos Remix」スペシャル上映会~よりリアルなサウンドになっちゃってごめんね!~ トークイベント』にてavex picturesの田中プロデューサーから「今週、WUG 3rd LIVE TOURの仙台公演について何かを発表します。前日から来るといいよ」といった旨の発言があり、ライブ前日に何かあることが匂わされました。

現在の暦で七夕の日であり、WUGに関連する数字「7」の並ぶ2016年7月7日のお昼の12:38、仙台公演の前日から仙台市の中心部にある勾当台公園で行われるテレビ局のイベントの情報がツイッターのタイムラインに出現します。このイベントにWake Up, Girls!が出演するのではないかと推測するものでした。「勾当台公園」と「GIP」「KHB」といった単語から俄然、期待が持てるものとなりました。勾当台公園といえばアニメのテレビシリーズの前日譚にあたる劇場版『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』にて一曲しか持ち歌のない『Wake Up, Girls!』始まりのライブが行った場所であり、Wake Up, Girls!にとっての重要な聖地。GIPは仙台公演を取り仕切るイベンター。KHB東日本放送は2016年3月13日の「アニメ『Wake Up Girls!』仙台空港イベントオープニングセレモニー」を取材に来ていた仙台の放送局。

ライブ発表

その同日 21:57 から続けてリリースが舞い込みます。

キャラソン2については2015年の触れ愛プロジェクトに勝ったWake Up, Girls!へのご褒美として予告されていたもので、3rd LIVE TOURが7会場であることから事前に予想はされていました。しかし、このタイミングで伝説の勾当台公演ライブが実現するとは思いもよらぬものでした。

8月6日、ついに勾当台公園でのライブ実現へ!

このニュースはさっそく各メディアで報じられました。

ライブ開催まで

私は東京住まいで、仙台にはライブ前日(8/6)入りしようと計画していましたが、さっそく前々日(8/5)入りに変更。駅ねっとで予約していた切符も変更しました。ライブ前日の宿は「わぐらぶ」のJTBパックツアーで用意した宿、ライブ当日の夜は自分で確保した宿なので、都合3つの宿をはしごすることになりますが、もうこれは仕方ありません。連泊だったら楽なのですが。仙台七夕祭りに重なっているので宿を抑えるのも大変です。

さて、イベントはどの時間帯で行われるのかが気になることとなりました。 ライブ前日の8/6には「Wake Up, Girls!オンリーイベント 同人誌即売会やらせてください! in 仙台」が開催されることになっていたからです。時間帯によってはこの即売会との時間被りが心配されます。そこへ、

という情報が発見され (元は @wugnews ではない他の方のツイートがきっかけだったはですが、ツイートを見つけられず)、オンリーイベントとは被らなそうだということが判明。WUGオンリー → 勾当台ライブ といった移動が可能になりそうだとわかります。

あとは入場整理券みたいなのがあるかどうか、ということですが直前になるまで不明でした。しかし、KHBに問い合わせた方の情報で、整理券配布という情報は判明しました。

そして、整理券の配布時間が具体的に発表されました。

ライブ当日

勾当台公園には早朝から列ができます。「整理券抽選」が「整理券配布は先着順で番号は抽選」なのか「入場整理券は抽選で当たった人に配布」なのかが不明なためです。結果として、勾当台公園を囲むように列形成され、9:30から配布スタートしました。私は出遅れたために並び始めた時には公園を半周したくらいでした。

結果、私より少し前で整理券の配布が打ち切られ、列は解消しました。およそ500名程度に番号ランダムで整理券が配布されたようです。整理券なくても会場を囲んだ柵の外からはステージを見ることはできそうなので離脱。日立システムズホール仙台のWUGオンリーの会場へと地下鉄で向います (サークル出展するため)。

そして少し早めにWUGオンリーを切り上げ、会場へ。ちょうど「フラウクレレフェスティバル」が上演中だったので座席に座ってまったりと見ていました。最後に高木ブーが出てきた時は「8時だヨ!全員集合」で育った世代としては感動ものでした。その頃になるとSECOND STAGEの列形成が始まったようなので席を離れ、柵の外へ。整理券を持ってなかったので、待機場所としてス タッフが指定していた少し離れた銅像の下へ。

勾当台ライブ

SECOND STAGEの開場時間になると、整理券を持った人が番号順に柵で囲まれた優先観覧エリアへ入場。座席はありますが椅子と椅子の間で立ってオルスタで。最初の出演者、リアクション ザ ブッタのステージが開始されます。会場はワグナーが多くを占めてますが、ステージを盛り上げるべく全力でコールを送るワグナー勢。ある程度時間がすぎたところで柵が撤去され、整理券を持ってない待機勢も一気になだれこみます。私もこの時に入ったのですが、前から真ん中くらいのところまで入れ、ステージをなんとか見ることができました。真ん中にある木のためにステージのセンター付近を見ることはできませんでしたが、それでも最高に盛り上がることができました。

司会のKHBの森アナウンサーが登場し、Wake Up, Girls!について語り会場が沸くのですが、ステージセッティングのお時間ということで中断。スタッフがマイク調整などをしていきます。そしてWake Up, Girls!が登場。衣装は2014年幕張のイベントで初披露されたTVアニメ版OPの『7 Girls War』通常盤CDのジャケットのものでした。まずは公開リハということで1曲。

16歳のアガペー

公開リハというと大抵は1コーラスだけだったりするのですが、なぜかフルコーラスで歌いました。高木美佑からマイクの音量をあげてください、といった指示をして全員、いったん退場。

本番

ステージの模様はあとで追記しますが、

  • 青山吉能が『Wake Up, Girls!七人のアイドル』の最後のライブシーンでの歌う前の七瀬佳乃の咳払いを再現
  • アンコールのコールがいつもの「Wake Up, Girls!」コールではなく、大田が叫んだ「アンコール!」だった
  • 松田がライブ前に配っていたチラシを実際に再現して参加者に手渡していた

といったもので、あの勾当台ライブを意識した演出が心憎いものでした。なお、時間の都合もあり、トークは最小限でした。あとでテレビでダイジェストを放映するための撮影も行われていました。セットリストは以下のとおり。

  • 1) 7 Girls War
  • 2) 地下鉄ラビリンス
  • 3) ワグ・ズーズー
  • 4) タチアガレ!

「地下鉄ラビリンス」「ワグ・ズーズー」はこれまでのところ3rd LIVE TOURではセットリストには無い物ですから大サービスでした。アニメと3次元のリンクも舞台を冬から夏へ変えたことによって『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』の始まりのステージと、『Wake Up, Girls! Beyond the Bottom』の仙台からの再出発のステージの2つを想起させるものへと昇華していたように思います。

反応

とりあえず、Togetterにまとめてありますのでこちらを。

togetter.com

わぐらぶバスツアー2でのMACANAライブに続き聖地ライブは見事に成功したと言えましょう。

2016-07-31 Wake Up, Girls! 3rd LIVE TOUR 「あっちこっち行くけどごめんね!」 新潟公演レポ

2016/07/31、新潟市の新潟LOTSで開催されたWake Up, Girls! 3rd LIVE TOUR 「あっちこっち行くけどごめんね!」 の3会場目、昼夜の2公演のレポです。

Wake Up, Girls! 3rd LIVE TOUR「あっちこっち行くけどごめんね!」

物販

物販コーナーはチケット不要のエリアのテントに設けられ、開場前に買えたのですが、ブロマイドなどが早々に売り切れてしまってました。

さて、曲名に特に注記ない場合は全員で歌ってます。文字を太くして色を変えてる箇所が大阪との差異です。

開演前

わぐらぶのCM、トレーディングカードのCM、おむすび名人のCM(くつろぎ編 + NG集)が流れる

お約束たいそう2 (田中美海 with 青山吉能)

舞浜や大阪公演と同じく、映像の最後におまけがあるかどうかが違います。夜公演はおまけあり

影ナレ(作・吉岡茉祐)

昼公演

菊間夏夜と七瀬佳乃によるお姫様の話

  • 菊間夏夜「自主練?」
  • 七瀬佳乃「そう」
  • 菊間夏夜「感心。そういえば未夕が東京シンデレラオーディションというのを受けるとか言ってたな」(舞浜会場昼公演の影ナレの続き)
  • 七瀬佳乃「どんなの?」
  • 菊間夏夜「うーん...あ、合格者が発表されてる」
  • 七瀬佳乃「48人!あのグループのまね?」
  •  
  • 七瀬佳乃「もっと新しい一面を見せようかな」
  • 菊間夏夜「はやってるの?」
  • 七瀬佳乃「バンジージャンプに挑戦!」
  • 菊間夏夜「出身の津軽弁で喋ってみたら?」
  • 七瀬佳乃「おはようござ....」
  • 七瀬佳乃「おしとやかなお姫様とかは?」
  • ここでラプンチェルを元にした寸劇のようなものが繰り広げられる。菊間夏夜がお姫様だが、カップ麺食べたり、ズボラで雑な感じのお姫様になっている。塔にに閉じ込められているというか、ひきこもり?
  • 七瀬佳乃「新しい面とか必要ないな」
  • 七瀬佳乃は菊間夏夜と別れて部屋の外へ出て行く
  • 菊間夏夜「お姫様か。考えたことなかったなぁ」
  • 菊間夏夜、ひとりで「あぁ、ロミオ様」と小芝居を始める。そこへ七瀬佳乃が戻ってくる
  • 七瀬佳乃「夏夜?」
  • 菊間夏夜「見た?」
夜公演

奥野香耶の“私をお花畑に連れてって”」(お花のラジオ)

第1回にして最終回のラジオ。MCは奥野香耶で、ゲストは青山吉能

  • 青山吉能「お花のラジオってかやっぽい」
  • 奥野香耶「なんだよー」
  • お便りコーナー。奥野香耶「新潟といえば雪が有名ですが、雪は好き?」
  • 奥野香耶「雪は好き。冬のほうが好き」
  • 青山吉能「(以前スキーの試合などで昔東北に来た時)こっちきてビビった」
  • 奥野香耶「雪の時に来てみたい」

コーナー「プリンセスのうわさ」

  • 「お兄さんがめちゃめちゃ格好いい?」
  • 奥野香耶「お兄ちゃんとお姉ちゃんが一人ずつ」
  • 青山吉能「かやのお兄さん格好いい」
  • 奥野香耶「2nd ツアーの仙台公演では握手会があった」(筆者注: 私の斜め後ろに座ってましたが、かやたんが会場に座ってるお兄さんを紹介し、みんなが注目。ライブあとに握手会が発生してました)
  • 奥野香耶「よっぴーのお兄ちゃんみてみたい」
  • 青山吉能「どうも疎遠すぎて...」

奥野香耶サイリウムの準備はできてるかなー」

オープニング

ライブツアーオープニング映像

全員、新衣装で登場

オープニングの挨拶

昼公演:

ここで順に挨拶。

  • 高木美佑「(Pokémon GOで)イーブイめっちゃ出た」
  • 山下七海「思い出作りましょう!」
  • 田中美海「熱いですかー!新潟来るの初めて。楽しんでいきましょう!」
  • 吉岡茉祐「ようこそー。灰になる準備はできてますかー?一緒に燃え尽きましょう」
  • 永野愛理「二ヶ月ぶりに帰ってきました!」
  • 奥野香耶「(会場に向かって)かやたんのために来た人〜? あったい声援ありがとう!」
  • 青山吉能「みんな何新幹線で来ました? ウキウキで北陸新幹線って書いてしまって」
  • 青山吉能「昨日来て満喫しました。へぎそば食べた」
  • 田中美海「新潟といえばお酒。ぽん酒館で500円でおちょこ5杯飲み放題!」
夜公演:
  • 青山吉能「だっけさ〜」
  • 会場、メンバーがシーンとする

ここで順に挨拶。

  • 高木美佑 (メモし損なってました。すみません)
  • 山下七海「昼公演は熱かった。夜はそれ以上にしましょう」
  • 田中美海「新潟最後の夜。思い出を作りましょう」
  • 吉岡茉祐「ようこそ。灰になる準備はできてますか?」
  • 永野愛理「今日で7月が終わる!」
  • 奥野香耶「これがプリンセスとして最後。プリンセス姿を最後までみとけよ〜」
  • 青山吉能「新潟弁調べたけどよくわかんなかった。新潟っぽくいきましょう」

新曲紹介

昼公演
  • 永野愛理「新曲3曲。7人曲もありますけどユニット曲も。振り付けは私」
  • 「4人曲はまゆしぃ、かやたん、ななみ、よっぴー。outlander rhapsody。歌詞もいいので注目してね」
  • 「3人曲はみゆ、みなみ、あいり。タイトロープ ラナウェイ」
  • 田中美海「あいちゃんの振り付けすごい」
  • 「かやたんが着るドレスの丈が長くてかわいい」

ここで山下七海が金のステッキを奥野香耶に渡す。キラキラキラいうような効果音付き

夜公演
  • 永野愛理「新曲3つ、7人曲、4人曲、3人曲。ユニット曲の振り付けしました。聞き飽きた方がいるかもしれないけど、毎回言っていこうかなと」
  • 「outlander rhapsody。Bメロにこだわりが。魔物がいる」
  • 「タイトロープ ラナウェイ。今までのWUGの曲とは違ったタイプの曲」
  • 田中美海「レコーディングはすごく早く終わった。ユニット曲はどちらも歌詞がするっと入ってきた」
  • 一同、同様ことを語る

奥野香耶センター。シンデレラドレスを見せるため、3回くるっと回る。目をちょっと回す。並行して山下七海、ステッキをスタッフから受け取りすぐに後ろに隠し、タイミング見てかやたんに渡す (このあたりの動作が私の居た場所からよくみえました)。

(5曲目と6曲目は大阪とは同じ順番ですが、舞浜とは順番が違っています。担当プリンセスの属するユニットの曲が先に歌われるようです)

昼公演では7曲目のあと、「お水飲んでいい?」とかやたんは水を飲む

夜公演では8曲目の新曲の最初のほうの途中で歌詞がとんでしまって頭をかかえるかやたん。すかさず前のほうに固まっていた奥野香耶推し勢が試聴を何度も聞いて覚えていたその部分を歌ってフォローし、かやたんも無事復帰。

ウェイクアップショッピング2016 (物販紹介ビデオ)

物販紹介コーナー。出演は物販一筋、ショッピング奥野と、アシスタントに高木美佑田中美海

昼公演

今回紹介するのは、ワグナーブレード

「ここで喜びの声が」

高木美佑&田中美海

  • 「あー、肩凝った」
  • ワグナーブレードで肩をたたく
  • 「肩甲骨の可動域が広がる!

とあるドラマー(奥野香耶)の悩み 編

奥野香耶、ドラムで悩むが、ワグナーブレードを使って練習し始めると絶好調に。高木美佑田中美海と一緒にコドクシグナルを歌い始める

「これであなたもワグナーブレーダーだ!」

夜公演

公式ツアーバッグ編

新潟Wake Up, Girls!コレクション2016

  • 元気で無邪気 MIYU
  • ツアーバッグ単体で成立 みなみ

I-1club コーナー

スクリーンに白木さん登場。観客のI-1clubコール。そして近藤麻衣の「誰よりも激しく、誰よりも美しく、誰よりも正確に。」の掛け声

7人全員、運命の女神のトランプをイメージした I-1club の新衣装で登場

  • 9) 止まらない未来
  • 10) 運命の女神
昼公演

田中美海「ツアーも中盤にさしかかって様になってきたかな」

夜公演
  • 吉岡茉祐「ソロイベで止まらない未来を演ったけど、いつかWUGの7人で歌いたいなと思った。それからずっと振り付けを勉強してた。このツアーで演じることが出来て嬉しい」
  • 高木美佑「『♪レース争いは〜』のところの振り付け、まゆしぃいのギアの入れ方が激しい
  • 吉岡茉祐「自動車免許はとるなと親に言われてる」

ラスト

過去へと遡るアニメの映像がスクリーンに流れる

少女交響曲衣装にて再登場。2次元キャラでは2015年3月18日の「わぐらぶ」発足記念の最初のイベント時に発表された続・劇場版の新ビジュアルで初公開。3次元では2015年7月20日の2nd Live Tour「行ったり来たりしてごめんね!」の初日、大阪公演で初披露されたもの。2015年8月26日に発売された「少女交響曲」のシングルのCDのみ盤のジャケットにも使われています。

夜公演の時はステージがよくみえたのですが、16歳のアガペーの時にみゅーちゃんのツインテールの片ほうをみにゃみが握ってくるくる回し、さらには両手で両方のツインテールを掴んでハンドルのように動かしはじめたりしてました。

昼公演
  • 「熱いです」
  • 吉岡茉祐「ねぇ聞いて、よっぴー、マイクを登場前に忘れた」
  • 青山吉能「前も靴を間違えたり。でも、かわいいから許される」
  •  
  • 「さて次が最後の曲です」
  • 会場「えー、今来たばっかりー」
  • WUG 7人「それなー」

こくち

夜公演

告知コーナー

  • キャラソン 2の告知。夜公演では永野愛理「可笑しの国とはちょっと違う」田中美海ダンスは?」
  • 残りの会場の3rd LIVE TOURチケット販売中。8/6の勾当台公園でのライブのことも
  • 来年の舞台について
昼公演
  • 高木美佑「新潟楽しかったです。みなさんも止まらない未来とかコールが増えて。女の子たちもありがとう。増えてない?」
  • 山下七海「ありがとうございました。もうすぐ折り返し。この公演終わったら大田さんみたいにみなさんで決起集会してください。沖縄もがんばります」
  • 田中美海「新潟には初めて。おむすび名人の三幸製菓さんの本社もある。みゆが大量に持ってきた。新潟で売ってるおむすび名人も買ってみた」
  • 吉岡茉祐「私のことはいいや。(かやを)導くことができたかな」
  • 奥野香耶「素敵な王子様でした。すてきだった」
  • 永野愛理「第2の故郷。いとこも見に来てる。(よっぴーに向かって)推しを作ろうとしないの!勾当台公演でライブやります」
  • 奥野香耶「ありがとうございました。緑の力すごいなー。結局、両親が岩手から車で来てくれた。止まらない未来の時、みんな青を振ってるのに2人だけ緑を振っててよくみたら両親だった」
  • 青山吉能「うしろの2人が緑」
  • 田中美海「かやの一家は私推しなんだなー」
  • 青山吉能「それは超接近戦があったからでしょう (2015年6月13日、気仙沼のGUTSフェスの時の話。田中美海奥野香耶の親戚の家に遊びにいって大歓迎された → GUTS FESTIVAL!!@かやたん)」
夜公演
  • 高木美佑「ありがとう。初めての新潟。お客さんもたくさんでよかった。かやたんのプリンセス、いつもプリンセスみたいだけど、キャラソンも格好いい。かわいいけど声にセクシーさもあって。あと44人。もりあげていけそう。また新潟に来たいです。」
  • 山下七海「(HIGAWARI PRINCESSでの)ななみとあいりのステッキバトル気づいてくれたかな? (振り付けの)SATOMIさんが気づいてくれるかな、と言ってた。(山下七海から永野愛理にステッキを渡す時、一瞬、渡そうとして引っ込めて、それから渡すという動作がある)」
  • 田中美海「帰りにおむすび名人もらえるよ。リハでも食べてた」
  • 吉岡茉祐影ナレについて。今回はプリンセス制ということで、昼公演はおとぎばなしのプリンセスに当てはめて書いた。シンデレラ、眠り姫、ラプンチェル。夜はラジオ。仙台公演の夜は傑作です。ちゃんとOKでたから」
  • 永野愛理「仙台であれやっていいのかなあ」
  • 吉岡茉祐「かや、プリンセスお疲れ様。いつもプリンセスだよ」
  • 永野愛理「新潟は第二の故郷。かやたんのプリンセスよかった。昼公演が終わったあと、かやたんが"あいちゃん、あいちゃん (かやたんの声まねで)"と私のほうにやってきた。かや推しの方すみません。次は私がプリンセス。七夕。影ナレも」
  • 奥野香耶「キャラソン、2回目にして(歌詞を忘れてしまって)お客さんにおしえてもらった。素敵だな。プリンセスやってよかった。プライベートでも新潟にまた来ようかな」
  • 青山吉能「新潟は初めてで、なんだか楽しくてハッピーよっぴーでした。喉を使ってしまった気を抜くと声がうまくでなくなってしまうけど。また新潟にこれるようにがんばって、新潟にも力を付けてもらって」
  • 会場、ざわつく
  • 青山吉能「ちょっとー」
  • 14)タチアガレ!

アンコール

3rd LIVE TOUR Tシャツで再登場

  • EN1) 7 Girls War
  • EN2) 極上スマイル

昼公演は立錐の余地もないくらいにぎゅうぎゅう詰めで満員御礼状態でした。それでも激しい圧縮とか、モッシュなりダイブ、リフトなどの行為もなく、私のいたステージに向かって右後ろのほうではいたって平和でした。今回のツアーの中では比較的小さめの箱で演者との距離も近く、とても密度の高い公演でした。

ただ、一部に動きが粗めの人もいたようで、人によってはちょっと辛かったようです。また、歌に合わないようなところでイエッタイガーを入れてくる人がいたことや、演者がMCなどしてる時に大声で喋るなどして周りの人が演者の声を聞こえないようにしてしまってた事態もあったことなどについては否定的な意見を耳にしました。

夜公演は昼よりはいくらか余裕もできていました。女性専用エリアの近くで見ることができてたのですが、特にまゆしぃなどは女性ワグナーにウインクしたりするなどイケメンぶりをいかんなく発揮してて、女性陣を捕まえようとしてたのが印象的でした。

NegiccoNGT48など、アイドル方面の文化が盛んで、また、ガタケットなど昔から漫画やアニメ文化も厚い新潟の地で公演ができたということはWake Up, Girls!にとっても良いことだったかもしれません。まだ名古屋や札幌など、ライブを開催できてないWake Up, Girls!が今後、そういった街にも行けたらいいな、と感じました。WUGちゃん達も全力で観客へパフォーマンスをぶつけてきています。舞浜、大阪、仙台と3都市を経てステージングにも磨きがかかってきています。続く公演も観客側のほうでも全力で迎えたいものです。

「ブレイブソードxブレイズソウル」の新TVCMの一覧

Wake Up, Girls!のメンバーのうち、山下七海田中美海奥野香耶が参加しているスマホ用ゲーム、「ブレイブソードxブレイズソウル」が新TVCMを放送し、関連してキャンペーンを始めるというので、新CMをひととおり調べてみました。

7/15(金)
23:20-23:30 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』の後: 1.メイ (大橋彩香)
24:50-25:00 『ジョジョの 奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の後: 2.バールのようなもの (末柄里恵)
7/16(土)
22:50-23:00 『ラブライブ! サンシャイン!! School idol project』の後: 3.レヴァンテイン (綾瀬有)
23:50-24:00 『Rewrite』の後: 4.ジェミニア (久野美咲)
24:20-24:30 『クオリディア・コード』の後: 5.カラドボルグ=エア (立花理香)
7/17(日)
23:20-23:30 『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』の後: 6.グラム (日高里菜)
7/18(月)
23:20-23:30 『ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園 未来編』の後: 7.ぎんいろ (山下七海)
24:20-24:30 『モブサイコ 100』の後: 8.ミョルニル (高野麻里佳)
7/19(火)
24:50-25:00 『NEW GAME!』の後: 9.ディルンウィン (和氣あず未)
7/20(水)
25:25-25:30 『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』の後: 10.パイ&シーズ (佳村はるか)
7/21(木)
23:50-24:00 『ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園 絶望編』の後: 11.フーラ (山岡ゆり)
7/22(金)
23:20-23:30 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』の後: 12.フレイムタン (原嶋あかり)
24:50-25:00 『ジョジョの 奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の後: 13.ネクロノミコン (浜崎奈々)
7/23(土)
22:50-23:00 『ラブライブ! サンシャイン!! School idol project』の後: 14.ジャガーノート (三森すずこ)
23:50-24:00 『Rewrite』の後: 7.ぎんいろ (山下七海)
24:20-24:30 『クオリディア・コード』の後: 2.バールのようなもの (末柄里恵)
7/24(日)
23:20-23:30 『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』の後: 14.ジャガーノート (三森すずこ)
7/25(月)
23:20-23:30 『ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園 未来編』の後: 2.バールのようなもの (末柄里恵)
24:20-24:30 『モブサイコ 100』の後: 1.メイ (大橋彩香)
7/26(火)
24:50-25:00 『NEW GAME!』の後: 11.フーラ (山岡ゆり)
7/27(水)
25:25-25:30 『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』の後: 13.ネクロノミコン (浜崎奈々)
7/28(木)
23:50-24:00 『ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園 絶望編』の後: 2.バールのようなもの (末柄里恵)
7/29(金)
23:20-23:30 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』の後: 5.カラドボルグ=エア (立花理香)
24:50-25:00 『ジョジョの 奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の後: 11.フーラ (山岡ゆり)
7/30(土)
22:50-23:00 『ラブライブ! サンシャイン!! School idol project』の後: 8.ミョルニル (高野麻里佳)
23:50-24:00 『Rewrite』の後: 6.グラム (日高里菜)
24:20-24:30 『クオリディア・コード』の後: 7.ぎんいろ (山下七海)
7/31(日)
23:20-23:30 『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』の後: 5.カラドボルグ=エア (立花理香)
8/1(月)
23:20-23:30 『ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園 未来編』の後: 12.フレイムタン (原嶋あかり)
24:20-24:30 『モブサイコ 100』の後: 6.グラム (日高里菜)
8/2(火)
24:50-25:00 『NEW GAME!』の後: 7.ぎんいろ (山下七海)
8/3(水)
25:25-25:30 『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』の後: 3.レヴァンテイン (綾瀬有)
8/4(木)
23:50-24:00 『ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園 絶望編』の後: 6.グラム (日高里菜)
8/5(金)
23:20-23:30 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』の後: 9.ディルンウィン (和氣あず未)
24:50-25:00 『ジョジョの 奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の後: 12.フレイムタン (原嶋あかり)
8/6(土)
22:50-23:00 『ラブライブ! サンシャイン!! School idol project』の後: 1.メイ (大橋彩香)
23:50-24:00 『Rewrite』の後: 9.ディルンウィン (和氣あず未)
24:20-24:30 『クオリディア・コード』の後: 3.レヴァンテイン (綾瀬有)
8/7(日)
23:20-23:30 『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』の後: 10.パイ&シーズ (佳村はるか)
8/8(月)
23:20-23:30 『ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園 未来編』の後: 8.ミョルニル (高野麻里佳)
24:20-24:30 『モブサイコ 100』の後: 10.パイ&シーズ (佳村はるか)
8/9(火)
24:50-25:00 『NEW GAME!』の後: 4.ジェミニア (久野美咲)
8/10(水)
25:25-25:30 『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』の後: 14.ジャガーノート (三森すずこ)
8/11(木)
23:50-24:00 『ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園 絶望編』の後: 14.ジャガーノート (三森すずこ)

2016-07-24 Wake Up, Girls! 3rd LIVE TOUR 「あっちこっち行くけどごめんね!」 大阪公演レポ

2016/07/24、大阪の松下IMPホールで開催されたWake Up, Girls! 3rd LIVE TOUR 「あっちこっち行くけどごめんね!」 の2会場目、昼夜の2公演のレポです。

Wake Up, Girls! 3rd LIVE TOUR「あっちこっち行くけどごめんね!」

曲名に特に注記ない場合は全員で歌ってます。文字を太くして色を変えてる箇所が舞浜との差異です。

開演前

わぐらぶのCM、トレーディングカードのCM、おむすび名人のCM(くつろぎ編 + NG集)が流れる

お約束たいそう2 (田中美海 with 青山吉能)

会場のみんなはすっかり慣れたもので笑いとコールが沸き起こる

影ナレ(作・吉岡茉祐)

昼公演

文化祭の出し物のお話(島田真夢、林田藍里)

  • 島田真夢「文化祭の出し物のアンケート書いてきた?」
  • 林田藍里「お化け屋敷!」
  • 吉岡茉祐「却下!」(素に戻った)
  •  
  • 出し物ベスト3 by 林田藍里
  • 3位「わたあめ」
  • 2位「世界の洋菓子100選」インスタとか食べログとか...
  • 1位「眠れる森の美女」
  •  

ここで林田藍里の「眠れる森の美女」の妄想モード

魔女あいりとオーロラ姫まゆしぃの様子を想像するも、王子が姫にキスしようとするところであいりが「キス....だめー!!」と叫ぶ

夜公演

「まゆしぃの 聴けば絶対に灰になるラジオやで 略して マハラジャ」 (吉岡茉祐永野愛理)

第1回にして最終回のラジオ。MCは吉岡茉祐で、ゲストが永野愛理。

お便りコーナー。ラジオネーム"たこやき弁当マヨネーズがけ"さんからのお便り。「全通して灰になります。心意気など聞かせて」

  • (いろんな話のあと...)
  • 吉岡茉祐「高校の友達もくる」

コーナー「プリンセスのうわさ」

  • 永野愛理「とある撮影の間、(ゲームを)またずっとやってた」
  • Wi-Fi必要だよね」
  • 「WUG全員そうだ」

ラジオ終わり。

  • 「もうおわりー?今きたばっかりー」
  • 「ライブはスタート!」

オープニング

ライブツアーオープニング映像スタート。3rdツアーロゴ、2016.7.24、MATSUSHITA IMP HALL、Wake Up, Girls! 3rd LIVE TOUR

高木美佑山下七海田中美海、「ARE YOU READY?」、吉岡茉祐永野愛理、奥野香耶、七瀬佳乃、の順に紹介。

全員、新衣装で登場。そして、3曲を連続して歌います。

オープニングの挨拶

昼公演:
  • 吉岡茉祐「やってきました、3rd LIVE TOUR in 大阪!」
  • 永野愛理「まゆしぃの国だね」

ここで順に挨拶。

  • 高木美佑「よろしくやでー」
  • 山下七海「(会場に向かって)たこやき食べたひと〜? 私は昨日、焼肉食べました」
  • 田中美海「お約束体操が受けてうれしい。1日よろしく」吉岡茉祐「ただいまー」
  • 会場「おかえりー」
  • 吉岡茉祐「灰になる準備はできてますかー?」
  • 会場「はーい」
  • 永野愛理「久々の大阪。10度くらい温度上げていくよ」
  • 奥野香耶「うしろの人もりあがってますかー」
  • 青山吉能「久々の大阪。やでー。ほんまー。ゆうべは某ゲーム(Pokémon GO)をするためにその辺(大阪城公園付近)みんなで歩き回ってた」
夜公演:

ここで順に挨拶。

  • 高木美佑「551のシューマイ食べたので夜はバッチリ」
  • 山下七海「お昼はタコ焼き食べました。タコ焼きパワーでがんばります」
  • 田中美海「世間はPokémon GOですが、ここを一番熱いポイントにしたい!」
  • 吉岡茉祐「(客席に向かって)大阪の人〜? (会場で手が上がる) それ以外の人〜 (手があがる) これから熱くなっていきます!」
  • 永野愛理「昼は会場の気温が10度上がった。夜は30度上げていきましょう!」
  • 奥野香耶「まゆしぃがプリンス...じゃなくてプリンセス。かわいいまゆちゃんを見届けます」
  • 青山吉能「MCで言おうとしてたこと忘れた......最高☝️盛り上がっていけますかー?」

トーク

  • 吉岡茉祐「昼に友達が来た」
  • 青山吉能「友達がいっぱいた(驚くように)」
  • 吉岡茉祐「みんな、よしのかわいい、かわいいて言ってよしのとしゃべってばっかり」
  • 青山吉能「推しは大事にしなきゃ」

新曲紹介

昼公演
  • 永野愛理「新曲3つ、ユニット曲が2つ。一つはななみ、まゆしぃ、かや、よっぴー」
  • 奥野香耶「落ちサビが今日のプリンセス様」
  • 永野愛理「もう一つがみゆ、みなみ、あいり」
  • 永野愛理「ユニット曲2曲はわたしが振り付けやらせていただきましたー!」

ここで山下七海が金のステッキを吉岡茉祐に渡す。キラキラキラいうような効果音付き

田中美海「(吉岡茉祐に向かって)プリンセスになってね。プリンスじゃないよ」

夜公演
    outlander rhapsodyについて奥野香耶「昼、もうコールができていた!」
  • タイトロープラナウェイについて高木美佑「しっとりとした曲。5分間だけはオタク臭を消して歌います (歌う3人はオタ4のうち3人)」

昼同様、ステッキがプリセスまゆしぃに渡される。

  • 青山吉能素敵なステッキ!
  • 会場「わー(お約束)」

(昼はこのノルマを入れ忘れてた青山吉能)

 

(5曲目と6曲目は舞浜とは順番が違っています)

ウェイクアップショッピング(物販紹介ビデオ)

物販紹介コーナー。出演は物販一筋、ショッピング吉岡と、アシスタントに永野愛理、山下七海

ショッピング吉岡「もうあなたは、物販コーナー素通りできない」

昼公演

今回紹介するのは、3rd LIVE TOUR Tシャツ

「Tシャツってもうたくさんあるよー」

「このような使い方もあります。どうぞ」別撮りの映像が挟まれる

山下七海「胸にポケットがあります」といってワグナーブレードやらタオルやらグッズを無理やりに詰め込んでいく。さらに物を取ろうとかがんだら、胸のポケットから物がポロポロと床へ落ちる。あわてて拾い集めてポケットに詰め込んで、どや、っとする山下七海

永野愛理「夏は空調が効きすぎて寒いよぉ。そうだ、ここでスターティングTシャツの上に3rd LIVE TOUR Tシャツを着れば!」と重ね着をする

ショッピング吉岡「服装のせいで風邪とか引きたくない系女子の私にもぴったり」

ここで「ファッション吉岡」のテロップが重ねられる

ファッション吉岡「これなら風邪とかひかないかも」

夜公演

今回紹介するのは、3rd LIVE TOUR リストバンド

  • ショッピング吉岡「リストバンド、何に使う?」
  • 山下七海「汗拭き」
  • 永野愛理「ファッションとして」

「こんな使い方もあります。どうぞ」とVTRが挟まれる

永野愛理「火事だ。逃げなきゃ。げほげほ。どうしよう。そうだ、ここにリストバンドがあった。ハンカチの代わりに使える。」口にあてて背をかがめて逃げる。「これで助かった!」

山下七海「まくらがあわなくて眠れないよー。そうだ、リストバンドを使えば」リストバンドを枕の上にのせ、その上から頭をのせて布団をかぶって寝る山下。「高さと硬さが調整されてちょうどいい。ぐごごぉー」といびきをかいて寝る山下。会場は大爆笑

ショッピング吉岡「うう、寒い。そうだ、リストバンドがあった。あったかーい」

ちなみに夜公演のあと、物販にはリストバンドを求めるワグナーが殺到したとか

I-1club コーナー

スクリーンに白木さん登場。観客のI-1clubコール。そして近藤麻衣の「誰よりも激しく、誰よりも美しく、誰よりも正確に。」の掛け声

7人全員、運命の女神のトランプをイメージした I-1club の新衣装で登場

  • 9) 止まらない未来
  • 10) 運命の女神
昼公演
夜公演

ラスト

過去へと遡るアニメの映像がスクリーンに流れる。内容は以下のようなものが順番に時間を遡るかのごとくつながれていました。オープニング映像、セットリスト、衣装を含め、今回のツアーに通じるテーマがここにはあります。

  • Wake Up, Girls! Beyond the Bottom
    • ラストシーン
    • I-1アリーナの前で久海菜々美が戻ってくる
  • Wake Up, Girls! 青春の影
    • 石神井公演でのシーン。WUGらしさって何だろう。タチアガレ!を歌う
  • TVシリーズWake Up, Girls!
    • 12話。ラストの舞台、島田真夢が私の居場所はここだよ
    • 9話。気仙沼。みんなが海に落ちてお風呂に入る
    • 7話。林田藍里が戻ってくる。林田藍里と七瀬佳乃が泣き合う
    • 5話。岩崎志保の握手レーンで島田真夢と向き合うシーン。MACANAの1stライブで観客が少なくて落ち込む。日立システムズホール仙台での練習
    • 1話。喫茶ビジュゥで全員が集まり、松田が撮影していた勾当台公園のクリスマスライブの映像をスマホで全員で見る。勾当台ステージの様子が流れる
  • Wake Up, Girls! 七人のアイドル』
    • リトルチャレンジャーの映像を見て島田真夢がWUGに合流
    • 望洋台公園で林田藍里に連れられた島田真夢が松田と会って誘いを断る
  • Wake Up, Girls! 出逢いの記録』
  • Wake Up, Girls! 七人のアイドル』
    • 望洋台公園で島田真夢がブランコに乗ってる
    • 仙台駅前

7 Girls War衣装にて再登場。TVシリーズのオープング曲のシングル盤(通常盤)のジャケットに描かれた衣装です。このジャケットの絵柄は続・劇場版前篇『Wake Up, Girls!青春の影』の作中にも登場します。実際に3次元のWake Up, Girls!が着たのは2014年12月14日に幕張メッセで開催された「Wake Up, Girls! Festa.2014 Winter ~Wake Up, Girls! VS I-1club~」です

12)言の葉青葉
13)16歳のアガペー

昼公演

吉岡茉祐「語彙力!すんげーたのしい!まゆしぃめっちゃうれしぃ」(ハイテンション)

夜公演

吉岡茉祐「あっという間。家から大学へ往復するよりも短い時間だった。明日もテスト...」
青山吉能「わたしも...」

告知コーナー

  • キャラソン
  • 3rd LIVE TOURチケットの今後の会場のチケットををロビーにて販売中。背景のビジュアルが舞浜での集合写真にさし変わっており、ドヤ顔のまゆしぃとみにゃみが目立つことで盛り上がる
  • 夜公演はここでWI7nersを簡単に紹介
昼公演
  • 高木美佑「あっという間....(言葉に詰まる)...頭がタコ焼きでいっぱい!」
  • 田中美海「おい、ダイソン!」
  • 山下七海「思いをブログに書きました。今日は母と友達が見に来てる!」
  • 田中美海「後ろも前も見えてる。どこよりも熱い場所になってる」
  • 吉岡茉祐「はじまる前はがっちがちだった。よっぴーが背中を押してくれた。母親とLINEしたら『そんなん(がっちがちになってるの)見せたら負けやで』と送られてきた」
  • 永野愛理「久々の大阪。次は昔住んでた新潟。来てね!」
  • 奥野香耶「(まゆしぃがソロで歌ってる時に)後ろに流れたまゆしぃのメモリーがよかった。まゆしぃ、すっごい好き!」
  • 青山吉能「いつもどやどやしてるまゆしぃが始まる前はリスみたいにかわいかった。福岡は大阪からも新幹線のさくらで一本だから来てね!」
  • 吉岡茉祐「よっぴー、ツボやなぁ」
  • 青山吉能「...言おうとしてたこと忘れた。まぁいいや。いつもはまゆしぃはライオンだけど、今日はかわいかった♡」
夜公演
  • 高木美佑「大阪、最高でした。地方ごとに気持ちも違うからツアーっていいな。あと10公演。まだ2桁。これから夏の思い出を作りましょう」
  • 山下七海「今年もあいりの振り付け2曲。チャームズ活動もかんばるぞ!」
  • 田中美海「お約束たいそう2がウケた。大阪の人はお笑いに厳しいからはらはらしてた」
  • 青山吉能「あの振り、大変なの。とっても真面目なの」
  • 田中美海「さいこーやー!!」
  • 吉岡茉祐「昨日から大阪に入った。リハのあとみなみ、みゆが私の実家に遊びに来てくれた。おいしいタコ焼きを食べた。ゆずだし醤油の。みんな食べた残りを弟が食べた。」
  • 田中美海?「(実家で買ってる犬が)羽のように軽かった」
  • 吉岡茉祐「WUGで仙台を知ってくれるように、ツアーで大阪のことも知ってくれるのが嬉しい。はー、プリンセスができた。みんなのおかげ」
  • 永野愛理「2箇所目ですね。大阪に戻ってこれるようにがんばる。(会場に向かって)全通する人〜! (ちらほら手があがる)。新潟で待ってまーす」
  • 奥野香耶「WUG-1、かや、あいり、みなみの3人でユニット組みたい。」
  • 永野愛理「振り付けつくるよ!」

ここでWI7ners組の4人と、落ちた3人に分かれて並ぶ。WI7ners組は背が高く、落ちた3人は小さい。

  • 「チビーズだ」
  • 「ミニーズ(仮)で」
  • 青山吉能「昼公演で言おうとしたこと思い出した。髪を切りました。爪を青くしました。そんなことはどうでもよくて、まゆしぃの話。まゆしぃは頑張り屋さん。学校、仕事、また学校に仕事。影ナレとか脚本とかでパソコンも叩いてる姿をよく見る。死にそうな顔してることもある。まゆしぃすごい!」
  • 吉岡茉祐「なんで普段言わないの!」
  • 青山吉能「ほら、好感度上げておこうかな、って。今までありがとう!」
  • 吉岡茉祐「まだ卒業しないよ!」

ここで吉岡茉祐青山吉能に抱きつこうとするも、青山吉能が拒む。かわりに硬い握手 (その前にまゆしぃはかやたんに抱きついたりしてた)

  • 青山吉能「最後までとっておこうかな、って」
  • 14)タチアガレ!

アンコール

3rd LIVE TOUR Tシャツで再登場

  • EN1) 7 Girls War
昼公演

昼公演ではここで新発表がはさあまれました。先日開催された、WUG-1グランプリ結果発表

Aチーム (宮城選挙区。定員3)

  1. 島田真夢 (5,852票)
  2. 久海菜々美 (5,315票)
  3. 七瀬佳乃 (4,832票)

Bチーム (東京選挙区。定員3)

  1. 岩崎志保 (6,529票)
  2. 近藤麻衣 (4,871票)
  3. 吉川愛 (4,162票)

他メンバーで最多得票 (比例区。定員1)

  1. 岡本未夕 (4,541票)

ユニット名は「WI7ners」(ウィナーズ。7をハートマークで囲む)

夜公演では告知はなく、すぐに次の曲へ

  • EN2) 極上スマイル

ステージの上も会場もすっかりお祭り状態。Wake Up, Girls!メンバーは自由に動きまわり、会場もノリノリ。銀テープも降り注ぎます (テープの幅と書かれているメッセージは舞浜公演とは違うものでした)。お祭りのような楽しさの中、公演終了。

舞浜から連続して参加したワグナー達の感想としては、なんでこんなに楽しかったのだろう。とても素晴らしかったと絶賛の嵐でした。ごく一部を除けばおおむね平和なオールスタンディングのライブで、広い会場のテンションはとても高いものでした。私は前から半分くらいの場所、あるいは後ろに近い場所から見ていたのでステージの全景はどうしても見えなかったのですが、それでもなんだか胸に来るものがあってとてもハイになれました。舞浜のステージは最前列で見れたこともあるし、みゆちゃんのプリンセス姿が輝いててとてもよかったのだけど、それでもどこかまだどこかもう一歩な感がありました。演者も硬かったようですが、大阪ではもうみんな伸び伸びとステージを楽しみ、全力で会場にそのパフォーマンスをぶつけてきました。会場もそれに応えようと高まってたように思います。

なお、私の見逃した部分や、細かな各演者の動きなどはこちらのtwitterまとめをどうぞ。

togetter.com

2016-07-17 Wake Up, Girls! 3rd LIVE TOUR「あっちこっち行くけどごめんね!」 舞浜公演レポ

2016-07-17、千葉の舞浜のアンフィシアターで開催されたWake Up, Girls! 3rd LIVE TOUR 「あっちこっち行くけどごめんね!」 の初日、昼夜公演のレポです。曲名に特に注記ない場合は全員で歌ってます。

開演前

CMコーナー
  • わぐらぶのCM
  • おむすび名人くつろぎ編と、NG集
  • エンスカイのWUGトレーディングコレクション

この3つが2回流れました。

マナー注意 (開演10分前)

お約束たいそう2 (田中美海 with 青山吉能)

開演10分前くらいから流れ始めますので、早めに入場しましょう。

前回の2ndツアーで初めて取り入れられた試み。2ndツアーでは田中美海が独りで「お約束たいそう」を歌うビデオが流れたが、今回はパワーアップ。ちなみに2ndツアーの映像は「Wake Up, Best! 2」のBlu-ray付バージョンに収録されているので見たことない人は是非買いましょう。iTunes などでもビデオが販売されています (iTunes Storeのお約束たいそう)。また、Wake Up, Girls!公式ファンクラブの「わぐらぶ」では映像の別バージョンを見ることもできますので入会しましょう。

さて、「お約束たいそう2」ですが、RADIO FISHのPERFECT HUMAN風の曲。田中美海がいつもの芋ジャージで歌い始めるが、右後ろに後ろ向きの青山吉能がずっと立っている。ある程度歌が進行したところで青山吉能がこちらを向きサングラスを付けた顔をも見せ、踊りだす。ここで会場大爆笑。で、両手を後ろに羽のように伸ばす例のダンス風。最後の方では田中美海と一緒にぐるぐる回って踊る。なお、歌声は田中美海が素で歌うというより、片山実波として歌ってます。

なお、昼の部と夜の部では少し違ってて、夜だとダンスの後に「はぁ、疲れた」みたいに二人で語るシーンがちょっとついている。

影ナレ(作・吉岡茉祐)

おなじみ吉岡茉祐先生の手による影ナレ。全会場、全公演の14パターンを書かれています。今回はあらかじめ収録したものを流していますが、以前は舞台裏で生でみんなが台本を手に演じていました。昼の部がキャラクター達による寸劇、夜の部が3次元Wake Up, Girls!の皆さんによるラジオ番組風のショートショート

昼公演

東京シンデレラ発掘オーディション(岡本未夕、菊間夏夜、七瀬佳乃?)

オーディションの案内をどっかから持ってきた岡本未夕が参加しようと言い始めるが、WUGはどうするの?と菊間夏夜に突っ込まれる。しかし、賞金1,000万円ということでその気に。シンデレラということで「未夕シンデレラ」と「夏夜魔女」の妄想劇も繰り広げられるが、受験料500万円かかるということに気がついて諦める。

夜公演

みゅーちゃんとゲストがかわいいだけのラジオ(高木美佑奥野香耶)

パーソナリティは高木美佑、ゲストに奥野香耶。初回にして最終回。

最初のコーナーで「ばーちーの天使のおすすめグルメは?」

落花生が有名だけど、グルメかなぁ。でも給食に味噌ピーナッツが出てきたよという話題に。グルメだと勝浦坦々麺があるよ、と。ラジオでもやったねー、と話題に。(「WUG!らじ」のTWiLiGHTの回のグルメ企画で登場した記憶が)

次のコーナーは「プリンセスの噂」

プリンセス担当の高木美佑についての裏話を暴露?するコーナー。高木美佑については「高木美佑、家庭的説」

  • 料理ができる (本人曰く、いかに包丁使わずにすませるか、みたいなゲーム的感覚で挑戦してる)
  • 緑が欲しいとサボテンを買った (奥野香耶「おしゃれ女子だ」)
  • 白い家具で揃えようとしてる (奥野香耶「私も白い家具好き!」)

オープニング

バックスクリーンにオープニング映像が流れます。3rdツアーのロゴが出、海の上を日付、会場名、などの文字が飛んでいきます。航海の地図に重ねてメンバー紹介。高木美佑山下七海田中美海吉岡茉祐永野愛理、奥野香耶青山吉能。また、過去の映画やライブのキービジュアル、CDのジャケットやWUGプロジェクトそのものの最初期のティザービジュアルが新しいものから古いものへと順番に流れました。

映像が流れ終わると、全員、今回のツアーのためにデザインされた新衣装で登場。3曲続けて一気に歌います。

いきなりの「Beyond the Bottom」からのスタート。会場は白一色に包まれますが、基本カラーの緑など、他の色で準備してた人は慌てたことでしょう。背景のスクリーンには各曲のライブのために前回のツアーなどのために作られた映像が流れましたが、舞浜では所々でステージ上のメンバーの様子が差し込まれました。2ndツアーの時も舞浜だけ同様の演出。Beyond the Bottomは映画のライブシーンと、MVを組み合わせた独自のもの。

オープニングの挨拶

ここで全員が挨拶。いつものように、高木美佑山下七海田中美海吉岡茉祐永野愛理、奥野香耶青山吉能の順に挨拶。ツアーの意気込みなどなどを語っていたと思います(すみません、ちゃんとメモってません)。「あっちこっち行くけどごめんね」を「あっちゃこっちゃ...」と昼の部では吉岡茉祐が言い間違えてま「まぁ、どっちでもいいや」みたいにごまかしてましたが、夜の部ではしっかりと言えてました。いつもしっかりしてるまゆしぃが間違えるとは珍しい。

それから今回の目玉でもある新曲の紹介。3人と4人のユニットに分かれた2曲があることが案内されます。どちらも永野愛理振り付け。前回のツアーでは1曲だけ振り付けでしたが、今回は2曲。また、プリンセスシステムの紹介も。各会場ごとに「プリンセス」が設定されていて、そのプリンセスが新しいキャラソンを披露することになっています。これはあらかじめ発表されていました。また、衣装もプリンセスはちょっとだけ違っていて、キラキラ感が増しています。

ここでステージ斜め前にいたスタッフから金色のステッキが投げ込まれて田中美海がキャッチ。山下七海経由で高木美佑に渡されます。永野愛理が「このステッキが登場したということは〜?」と煽りますが、昼の部では観客は「何だろう」と置き去り感。夜の部では新曲が全部で3曲あることなどをトークで紹介してたので問題なかったのですが、昼の部はちょっととっちらかってしまいました。

  • 4 )HIGAWARI PRINCESS - PRINCESS Miyu Ver.

この曲は各会場の「プリンセス」がセンターを担当します。ステッキは順番にメンバーに回されますが、基本的にはプリンセスがセンターに立ち、ステッキ裁きを見せます。途中でステッキをステージ近くのスタッフに投げ返したり、戻してきたり、のようなアクションもあり、田中美海の動きが見事でした。もちろん、センターの高木美佑、ステッキのダンスが映え、輝いていました。

新曲2曲。outlander rhapsodyは男の子視点の曲かもしれません。舞浜会場だと特に昼の部は音響がちょっと調整がうまくいってなかったのか歌詞がうまく聞き取れないことが多々ありましたが、かっこいい。

WOO YEAH!は前回のキャラソン。メドレーでワンコーラスだけ聞くことは多かったのですが、フルで歌うのは機会が少ないので嬉しいですね。とても盛り上がります。そして、新キャラソンは可愛い。もうキラキラしてます。

物販紹介 (ショッピング高木、田中美海吉岡茉祐)

ここで物販紹介コーナー。着替えも兼ねてるので事前収録のビデオが流れます。2ndツアーでも同様のコーナーがありました。舞浜ではショッピング高木がメイン。

昼公演

昼はマフラータオル

マフラータオルを案内すると、田中美海が「またタオルかー」と突っ込み。ではということでVTRに変わり、マフラータオルで顔を隠してWUGの6人が後ろからタオルになりきって?何かしゃべります。高木美佑のVTRがなく、みゆもやりなよー、とみにゃみとまゆしぃに突っ込まれ、ショッピング高木も演じました。なお、青山吉能がタオルにデザインされてる碇を怒りだったかにに引っ掛けてダジャレを言ってましたが、何でしたっけ。「吸引力が変わらないよ。ダイソン高木のマフラータオル!」

夜公演

夜はライトブレスレット

夜はライトブレスレットの紹介。今回初めての商品。ワグナーブレードのように色も変えられる光りもの。でもそれだけじゃねぇ、ということで他の使い道をショッピング高木がジェスチャークイズで示そうとする。ジェスチャーというか、なんだかわからないものになりましたが、答えはイカ釣りのための集魚灯。みにゃみ「イカがいっぱい釣れるじゃなイカ」まゆしぃ「いいじゃん釣ろうよ」と。なお、横には「※個人の憶測です」の注意書きも。

値段は15,000円、のところを勉強して1,500円という茶番も。

I-1clubの曲コーナー

東京ドームのアイドルの祭典の映像などをバックにジェネラルマネージャーの白木さんのアニメ映像。そして例の掛け声など。

ここで、WUGの7人がI-1clubの新衣装で登場。あとで紹介されましたが、運命の女神のトランプ風ジャケットをベースにしたデザイン。頭のリボンが7人でちょっとずつ異なってます。

  • 9) 止まらない未来
  • 10) 運命の女神

「止まらない未来」はペンライトが青、「運命の女神」はTeam S ver.風に赤のようです。次の曲は公演ごとに変えます、という案内のもと、7人のうち4人だけがステージに残って歌い始めます。

昼公演
夜公演

昼公演の後、知り合いと話してた時、I-1clubの曲って14曲もなかったんじゃないかなぁ、ということでネクストストームもI-1グループだし来て欲しいね、と話してたのですが、夜公演に来た時は大盛り上がり。後のトークで青山吉能が話したのですが、高まってしまってひざまづくところで膝を強くステージに打ち付けてしまったそうです。ちょっと痣ができたかもと言ってましたが、結局は大丈夫だった模様。

原点へ

ここで演者が全員はけて、バックスクリーンにアニメの映像が。『Wake Up, Girls! Beyond the Bottom』『Wake Up, Girls! 青春の影』、テレビシリーズの12話、9話、7話、5話、1話、『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』『Wake Up, Girls! 出逢いの記録』そして仙台駅、という順に時間をさかのぼって映像が流れていきます。オープニング時のキービジュアルの構成といい、このアニメ映像のさかのぼりといい、なんとなくツアーのテーマらしきものが見えてきます。そしてそれは以降のセットリストで明らかに。

ラスト

Beyond the Bottom衣装にて再登場。最初にBeyond the Bottomを歌ったのになぜ?という気持ちがありましたが、その理由はみんなが推測し、そしてそれは2会場目の大阪ではっきりすることとなりますが、それはまた後の話

2ndツアーの時は「言の葉 青葉」ではプロジェクションマッピングがあったため、「ライトを消してください」というスクリーンの文字によるアナウンスの後に披露されましたが、今回はそういうのはありません。しかし、コールもなく、静かに聴き入ります。光渡しのところなど、まだまだ曲数が少ない時の最初のソロイベントで見た時にゾクゾクっと来たことを思い出しました。16歳のアガペーも初期の曲の中では人気曲。みんなそういう年齢の頃にオーディションを経験してましたね。

告知
  • Wake Up, Girls! character song series 2 が 9/28 に7枚同時に発売
  • Wake Up, Girls!トレーディングコレクション (トレカ)
  • 3rd LIVE TOURの他の会場のチケットをロビーでも販売中
  • (夜の部ではここでWUGの舞台のことも紹介されました)

以上、ひととおりの告知が終わったところで「最後」の曲。始まりの曲です。

  • 14)タチアガレ!

始まりの曲。力強い。やはり大盛り上がり。ここからBeyond the Bottomまでの道のりを思うといろんなことが思い出されます。舞浜のステージということで、円形の昇降台の上に全員が乗り、最後の方で歌い切る直前のところで下へと降りて行きました。

アンコール

3rd LIVE TOUR Tシャツで再登場

  • EN1) 7 Girls War

テレビシリーズのオープングテーマ。本放送時には3話からでしたが、パッケージ版では初回から使われています。この曲に関するエピソードはいろいろあるのですが、省略。しかし何と言ってもコールが楽しい。

昼の部ではサプライズの告知として、舞台化発表(青葉の記録)。2014年のエイプリルフールでは実写化が発表されたりと、いつかは実写なり舞台でとファンが待ち望んでいただけに、嬉しいものでした。時期は2017年1月。場所は代々木の「AiiA 2.5 Theater Tokyo」で、脚本がプロジェクト立ち上げ時から脚本を書かれてきた待田堂子さん、音楽は神前暁 MONACA、演出は柿ノ木タケヲさん。出演はWUG7人のキャストは当然本人たち。舞台経験者の吉岡茉祐、演劇部にも所属してたことのある田中美海、ゲスト出演ながら舞台にも立ったことのある青山吉能高木美佑。みんな、吉岡先生、よろしくお願います、と。発表内容は今の所ここまでですが、せめて4日程度はやって欲しいですね。

夜は舞台化の告知はアンコール前の告知コーナーでさらっと流しましたので、すぐに曲に行くかのようにみんなが振りをして、山下七海も「ご‥」と言いかけますが、サプライズでHAPPY BIRTHDAYソング。山下七海21歳。ななみんは「いろんなところからワグナーを引っ張ってくるのが私の役目だと思っています」と力強い宣言。頼もしい!

そして、最後の曲。

  • EN2) 極上スマイル

ステージ上でみんなが自由に動き回り、会場を巻き込んだお祭り空間に。豊作豊作のおなじみのコールや、銀テープが飛び出す演出も。銀テープはこれまでも使われてきましたが、今回は初めて各人のメッセージが書かれていました。昼の部では気づかなかった人も多かったのですが、その情報が出回った夜の部ではみんな拾ってました。ちなみに大阪公演でも銀テープが降ったのですが、幅と長さが違い、メッセージも違っていました。ひょっとして全会場で異なるのでしょうか。ちなみに私は不発のロールの塊を偶然に拾ってしまいました。

ここで公演終了。アニメの展開の先の見えない不安の中、そんな中であっても着実にアニメも声優ユニットである本人達もファンを増やし続けているWake Up, Girls!の新しいツアー。原点へと戻る旅はどこへと向かうのでしょう。

2016-07-04 「Wake Up, Girls! Beyond the Bottom Dolby Atmos Remix」スペシャル上映会 ~よりリアルなサウンドになっちゃってごめんね!~ トークイベント レポート

TOHOシネマズ仙台が2016年7月1日にオープン。そのオープン記念として1日から4日の4日間限定でスクリーン9において「Wake Up, Girls! Beyond the Bottom Dolby Atmos Remix」が上映されました。

最終日である7月4日には上映前にWake Up, Girls!のメンバーである宮城出身の永野愛理、岩手出身の奥野香耶によるトークショーが行われました。そのレポートを簡単に。各人の語ったことを大雑把に書き起こしてあります。一言一句正確なものではなく、大意となってます。間違いなど文責は私にあります。

 

まずエイベックスピクチャーズの田中宏幸Pが登場し挨拶。永野愛理(あいちゃん)、奥野香耶(かやたん)、ドルビージャパンの林さんが呼び込まれて入場。

かやたん: 挨拶の後、「仙台から来た人〜? 遠くから来た人〜?」と点呼

あいちゃん: 「仙台市民としても嬉しいです」、といった挨拶

林さん: 「大人数の前で話すのは初めてなので緊張しています」

あいちゃん: 「駅前にこのような映画館ができて嬉しい。小学校の時は駅前に映画館がたくさんあったのだけど減ってしまって。私が仙台にいた時に出来てたらよかったのに。」(注: フォーラム仙台や桜井薬局セントラルホールなど小さな映画館が少し残ってるが、大型の映画館は中心部から離れたショッピングセンターなどにある)

「牛タンポップコーン食べた人〜?」と会場に問いかける。手を挙げる人ちらほら。TOHOシネマズ仙台限定のメニュー。あいちゃん、かやたんで「食べてみたけど美味しかったよねー」みたいな会話を。

田中P: 「Dolby Atmos設置の映画館や東北ではTOHOシネマズ仙台が初めて。全国でも20館ほど。なぜWake Up, Girls!Dolby Atmos版が作られることになったのか? Wake Up, Girls!ではちょいちょいミラクルなことがおこります。日本のアニメでDolby Atmos版が作られたのはWake Up, Girls!が初めてです」

林さん: 「まず、仙台に東北初のDolby Atmos設備のある映画館ができることが決まって、そこで上映する作品を探したてた。私の元上司がavexにいるので相談したらWake Up, Girls!はどうかと提案された。」

ここからは経緯の要約です:

最初はライブパートのみをDolby Atmos化するという話だったのだが、音響監督の菊田さんの提案で、Dolby Atmosのオブジェクト機能を使ったオーディオドラマを作ろうと提案された。早速吉岡茉祐先生に連絡して脚本を書いてもらう。すぐにOKも出、スケジュールの関係もあってすぐにアフレコ。さらに追加のノリの2次元、3次元の両方やったらいいんじゃないの、ってことで、2015年末の幕張のフェスの時のBeyond the Bottomのライブ映像をmixし直してDolby Atmos化。今の所パッケージ化の予定もないし。しかし、初めてのことで結構苦労した。

音は幕張の会場で聴いた時よりもよくなっているかも (幕張会場の音響環境は必ずしも良くはないので)。後ろの観客の声も大きく聞こえる。実際の会場の広さよりも広く感じられるかも。

かやたん:「Dolby Atmos版の映像使って応援上映も実現したらいいね」

林さん: 「すでに幾つかの映画館からお問い合わせをいただいている。東宝ということで言えば、ドリパスもある。ぜひみなさんからDolby Atmosを導入している映画館に問い合わせをしてほしい。」

かやたん:「事前に見せてもらった。思わず感動してしまうシーンがさらに増えて。ぜひみなさん、お問い合わせしてほしい」

あいちゃん: 「まゆしぃのミニドラマ、2次元の新たな可能性を感じた。ライブパートは実際のライブを見ている感覚になる。友達にも感想を伝えて、ぜひお問い合わせしてほしい。8/7には仙台で生のライブもあります。ぜひ来てください」

田中P:「今週、仙台について何か発表があります。前日から来ておくといいよ、とだけ」

林「ぜひお問い合わせを」

田中P:「優しく『お問い合わせ』してくださいね」

以上で、あとは挨拶し、退場。

続く上映は以下の通り。

ミニドラマはDolby Atmosの立体音響の機能を存分に活かし、まるで観客の頭の上で(キャラクターの)Wake Up, Girls!のみんながワチャワチャ動き回ってるかのように感じました。ドラマの内容と音響の立体的効果により複数の意味で3次元と2次元、および過去の作品からBtBへの「架け橋」となっていて、短めの尺の中で綺麗にまとまっていました。

映画本編は全体にはライブパート以外はそのままですが、ライブパートでは迫力が増した感じ。上映期間が終わりしばらく経って今だからこそ、仙台で見るその映画の内容は現実と重なるところもまた増えたように感じました。

私は幕張の BtB Extend は幸いにもステージ真ん中付近の最前席で見てトークパート、余興パート、ライブパートも存分に楽しんだのですが、Dolby Atmosの音響と迫力の映像で、その体験以上かもしれない時間を過ごすことができました。メンバー一人一人の表情はより神々しくなっていたように見えます。(みにゃみはラジオで、みゆの前髪が短いことがおかしくて笑いが止まらなかったと後でラジオで言っていましたが(笑))

 

2016/7/13追記

7/15(金)に名古屋に新規オープンする映画館「ミッドランドスクエア シネマ2」のオープニング上映作品として、オープン初日である7/15(金)にWUG BtB Dolby Atmos Remixが上映されることが発表されました。今後も他の劇場でに公開されることを期待したいです。