日誌(WUG, RGR)

Wake Up, Girls! と Run Girls, Run!のこと

プリパラ&キラッとプリ☆チャン AUTUMN LIVE TOUR み~んなでアイドルやってみた! 2018/09/09 大阪公演 セットリスト&簡易レポ

プリパラ&キラッとプリ☆チャン AUTUMN LIVE TOUR み~んなでアイドルやってみた!

 

2018/09/09 大阪・なんばHatch

昼の部、夜の部 セットリスト

(s)はショート版

開演前はアルバム紹介映像や、Run Girls, Run!のツアー紹介コメントビデオ。Run Girls, Run!の衣装はこのコメントビデオや配布されたツアーのチラシで初お目見えの制服風新衣装。

開演時間ちょうどにスタート。スクリーンには林鼓子(Coco Hayashi)、森嶋優花(Yuka Morishima)、厚木那奈美(Nanami Atsugi)の3人の写真に続いて3人揃っての写真にRun Girls, Run!の文字。まずは『キラッとプリ☆チャン』のOPアーティストとしてRun Girls, Run!が登場。衣装は2ndシングルにして、プリチャンOPの『キラッとスタート』の衣装。

「位置についてよーいどん!」からの名乗り。Run Girls, Run!の自己紹介。林鼓子の「16才高校1年生」の名乗りでは会場がざわっとするのはいつものこと。1stツアーの告知、会場での特典会付きのチケット販売、プリチャンの第3クールからの新OPの告知など。

  • M2. プリマ☆ドンナ?メモリアル! / RGR

『劇場版 プリパラ&キラッとプリ☆チャン ~きらきらメモリアルライブ~』のEDをここで初披露。『キラッとスタート』のカップリング曲ですが、ライブで歌うのは初めて。満を持しての歌唱とダンスでした。

   参考:プリマ☆ドンナ?メモリアル!考察まとめ

10からのカウントダウンののち、イベントオープニング映像。出演キャラの絵とキャラ名・キャストを次々と紹介。

ここからはプリチャンのキャラソンメドレー。ミラクルキラッツ(みらい、えも、りんか)とメルティックスター(あんな、さら)が次々と登場。

『キラリ覚醒☆リインカーネーション』と『SUPER CUTIE SUPER GIRL』のいずれも初披露。『キラリ覚醒〜』は先日のちゃおフェスで着ぐるみが音源の歌に乗せてダンスを披露したことはありますが、厚木那奈美によるものは初。

ここでミラクルキラッツのSDキャラ(顔のみ)がスクリーンに登場。プリチャンの新ビジュアルを発表!!……しようとするが画面が真っ白。どうやら行方不明になってしまったらしい。どういようと慌てたらプリパラポリス、真中らぁら、白玉みかん、ドロシー・ウエストの3人が登場。

ショート版披露したところでミラクルキラッツが再登場。一緒に探そうと右往左往。肉まんが登場したりピザが登場したり。ようやく発見され、プリパラポリスが持ってくるが指先に小さな絵が。これじゃわかんないよー、ってところでスクリーンにあらためて新ビジュアルが大写しに。これまでの5人によるビジュアルに紫藤めるとアンジュが加わり、衣装も新しいものに。

以上、『ぱぴぷぺ☆POLICE!劇場』でした。

『プリパラ』のキャラが登場したところで、プリパラのパートへ。

アイドルタイムプリパラ Winter Live 2017』では、あろまが欠席でしたが、今回は全員が揃いました!

  • M12. シュガーレス×フレンド/NonSugar [真中のん、月川ちり、太陽ペッパー (CV.田中美海大森日雅山下七海)]
  • M13. かりすま~とGIRL☆ Yeah! (NonSugar ver.)/NonSugar
  • M14. スパイシー♪ ホット*ケーキ!!! (大阪昼の部で初披露の新曲。正確な表記不明。スクリーンに表示されたものを使用)/NonSugar

NonSugarの3人が登場。かりすま~とGIRL☆ Yeah!は本来は、じゅのん、かのん、ぴのんの3人(?)によるユニット「TRiANGLE」の曲で、これまでは田中美海が3役を歌唱中に次々と器用に切り替えて歌いましたが、今回はNonSugar向けにアレンジされて登場。歌詞も一部がNonSugar向けに変更されていました。

そして驚いたのはNonSugarの新曲。「新曲です」の告知に続いて歌が始まった時、会場は熱狂の渦へ。まさかここで新曲が作られるとは。今後も展開があるのでしょうか。イベントの最後に発表された冬の幕張のイベントにはNonSugarは出演できない (田中美海山下七海Wake Up, Girls! FINAL TOURの岩手公演とかぶっているいるため)、次にいつ披露されるのでしょう。

ひびき様はステージの2階で歌っていたのですが、途中からトロッコ的なものに乗り、ステージ上を下手から上手へ。空中にいるかのような。

ここで物販紹介コーナー。昼の部と夜の部で担当者が違っていました。

  • (昼) ドロシー、みかん、らぁらによる物販紹介
  • (夜) NonSugarによる物販紹介

ライブ再開。しゅうかはプリパラの大きなライブイベントは今回が初。パンフレットでもこれまでに積み重ねてきたことを語っています。

昼と夜でセットリストが違ったのは、MY☆DREAMの3人が歌うパートのみ。みちるは大阪公演のみの参加です。   ← 東京にも参加です

  • M18(昼). ハートフル♡ドリーム/ MY☆DREAM [夢川ゆい、虹色にの、幸多みちる (CV.伊達朱里紗大地葉山田唯菜)]
  • M18(夜). Believe MY DREAM!/ MY☆DREAM (ゆい・にの・みちる)

そして、佐藤あずささんが今度はファララとして登場。

  • M19. サンシャイン・ベル/ファララ・ア・ラーム (CV.佐藤あずさ)

締めはこの満を持してのこの6人。

  • M20. 組曲フォーエバー フレンズ~第一楽章~「I FRIEND YOU!!」/SoLaMi♡SMILE [真中らぁら、南みれぃ、北条そふぃ (CV.茜屋日海夏芹澤優久保田未夢)]
  • M21. Get-Over Dress-code/DressingPafé [東堂シオン、ドロシー・ウェスト、レオナ・ウェスト (CV.山北早紀澁谷梓希若井友希)]
  • M22. Memorial/SoLaMi♡SMILE & DressingPafé

ここで6人が他の出演者を呼び込み、全員で。

Aパートを披露したところで、RGR代表でリーダーの森嶋優花、プリチャンチーム代表で桃山みらい役の林鼓子、といった具合に順に最後の挨拶を。そして歌に戻って最後のパートを。

演者全員がはけたあと、スクリーンではキャラ絵の横にキャストのサインとコメントが次々と表示。そして、スタッフロール。BGMは、『キラッとプリ☆チャン』のED、わーすたの『プリティー☆チャンネル』

ここでスクリーンには「特報」の文字。12月9日に幕張メッセで「み~んなでキラッとプリティーライブ2018」を開催するとサプライズで発表。登場キャスト紹介でWITHが出てきた時は会場では「いいぜ!」のコールが起こるなど大盛り上がり。

www.youtube.com

公演時間は1時間50分ほど。カメラによる映像収録もあったようです。

Run Girls, Run! の持ち曲&歌ったことのある曲一覧 (2018年9月末現在)

プリチャン・プリパラのオータムライブや、1st ライブツアーも控え、Run Girls, Run!および各メンバーが何を歌ってきたのかをリストアップしてみました。

なお、全イベント・セットリストはこちらで見ることができます。

docs.google.com

Run Girls, Run!持ち曲 (ライブ披露済)

Run Girls, Run!持ち曲 (ライブでは未披露)

  • サクラジェラート(『スライドライド』C/W)
  • (タイトル未定:「Go! Up! スターダム!」C/W)

ラクルキラッツ

メルティックスター

ライブで披露したカバー曲

  • タチアガレ!
  • 16歳のアガペー
  • 地下鉄ラビリンス
  • Make it!
  • Pretty Prism Paradise!!!
  • レザレクション
  • リトル・チャレンジャー

ライブでのコラボ歌唱曲

カラオケ披露曲

2018年7月14日に生放送された『ライブダムカンパニー』のおまけパートにて生歌唱したものです。アーカイブを見ることができます。

freshlive.tv

あにそんボーカル

カラオケの「LIVE DAM STADIUM」にある「あにそんボーカル」という、声優がいろんな曲をカバーしたものを聴くことができるコンテンツでRun Girls, Run!の3人がそれぞれ歌ってます。

www.clubdam.com

イベントエンディング歌唱参加

  • YOUNG MAN
  • Stand by...MUSIC!!!

ANiUTa アニュータ プレイリスト「Run Girls, Run!」

『今井麻美のニコニコSSG』特番 夏もヒッパレカラオケパーティー! セットリスト

2018年8月26日(日)の夜、アニメロサマーライブ2018 "OK!"の裏で、『今井麻美のニコニコSSG』の特番、「夏もヒッパレカラオケパーティー」が生放送されました。JOYSOUND協力のもと、"撲カラ"ルームが使用され、時折、店員がドリンクやフードを運んでくる中でパーソナリティの今井麻美、FINAL TOUR PART IとアニサマのWUGとしての最後の出演を終えたばかりの高木美佑山下七海、レコーディングを翌日に控えた歌手の彩音の4人による3時間の大カラオケ大会。

極上スマイルを歌い踊る今井麻美、ギリギリまで食べ続ける高木美佑、「持ち味を発揮する」山下七海、1曲しか持ち歌は歌わないといいつつ3曲も披露する彩音のカラオケが見れるのにこの値段は安い! 2018年9月2日(日) 23:59まではタイムシフトで視聴できますので、「今井麻美のニコニコSSGチャンネル」に入会してぜひ見ましょう。

boku-kara.jp

【1部】

live.nicovideo.jp

【2部】

live.nicovideo.jp

Wake Up, Girls! FINAL TOUR の座間公演など、過去に何度かWake Up, Girls!ではカラオケの披露がありましたが、そこで披露された曲もここで再度見ることができます。できれば必ず入会して見てね。

Wake Up, Girls! Bromide Collection -Vol.2.5- (2014-12-14発売)

Wake Up, Girls! Bromide Collection -Vol.2.5- は、2014年12月14日に開催された、『Wake Up, Girls!Festa.2014 Winter ~Wake Up, Girls!VS I-1club~』で発売されたブロマイド。

Wake Up, Girls!Festa.2014 Winter ~Wake Up, Girls!VS I-1club~ イベント情報

Wake Up, Girls!Festa.2014 Winter ~Wake Up, Girls!VS I-1club~ グッズ一覧

全部で30種。うち、全員が映ったシークレットが3種。ほかに、イベントオール購入特典として1種。また、同時に全国各地で開催されたイベントのライブブビューイングの会場で配布された来場者特典として大判のブロマイドが1枚。写真の柄そのものはシークレットのうち1種と同じだが、イベントロゴが入っていたり、大きさが違うようだ(実物は未見)。

f:id:mickn:20180724222802p:plain



Wake Up, Girls! Bromide Collection -Vol.2- (2014-8-10発売)

 Wake Up, Girls! Bromide Collection -Vol.2- は2014年に開催されたWake Up, Girls!の最初のライブツアー『Wake Up,Girls!1st Live Tour 素人臭くてごめんね!』の物販で販売されたブロマイドセット。8月10日の大阪、8月17日の東京、9月7日の仙台の3箇所で開催・販売されました。

私は東京の夜公演のみに参加したのですが、ブロマイドに特に興味はなく、後にゲーマーズでブロマイドが再販された時に購入した記憶。AKIHABARAゲーマーズ本店の1階で割に長い期間、ブロマイドのパックが売られていたのですよね。たぶん、Vol.1とVol.2の2種だったと想います。

イベントオール購入特典として、いくつかのグッズを組み合わせて購入するともらえるブロマイドもありました。

Wake Up, Girls! イベント情報ページ

f:id:mickn:20180717111128j:plain

Wake Up, Girls! Bromide Collection -Vol.2-

 

舞台「Wake Up, Girls!青葉の軌跡」セットリスト

2018年6月6日(水)から6月10日(日)にかけて、赤坂の草月ホールにて、『Wake Up, Girls!青葉の軌跡』が上演されました。

オッドエンタテインメント Presents 『Wake Up,Girls!青葉の軌跡』|オッドステージ|オッドエンタテインメント

昨年上演された『Wake Up, Girls!青葉の記録』は、「Wake Up, Girls!」の最初の作品である、劇場版の『Wake Up, Girls!七人のアイドル』をベースにしたストーリーで、Wake Up, Girls!が結成されるまでを描きました。

今回はその続きである最初のテレビシリーズ『Wake Up, Girls!』の5話から7話をベースにしています。それだけでなく、メガミマガジン2014年5月号から2015年5月号まで連載されていた『リトル・チャレンジャー Wake Up, Girls!-side I-1club-』のストーリーを加えてI-1clubサイドが描かれ、『Wake Up, Girls!青春の影』『Wake Up, Girls!Beyond the Bottom』『Wake Up, Girls!新章』や、の要素も加えられていたものとなっていました。

346zakki.blog59.fc2.comちなみに、コミック『リトル・チャンレジャー』は1巻しか発売されていません。後半の1巻分はメガミマガジンのバックナンバーを集めて読むしかありません。いつか何らかの形でまとめられることを期待したいです。

さて、今回の舞台も前回と同じく、本編のあとにライブパートが設けられ、3曲、あるいは、4曲が披露されました。全部で3パターンです。また、前説も日替わりでした。ライブパート前のアナウンス(事前録音)も途中で替わっています。

2018-06-06(水) 夜公演 

前説:青山吉能(七瀬佳乃)、松村芽久未(近藤麻衣)

  1. ジェラ / I-1club (七人のアイドル冒頭での衣装)
  2. 7 GIrls War / Wake Up, Girls! (アガペー衣装)
  3. 極上スマイル / Wake Up, Girls!、I-1club

最後にWake Up, Girls!とI-1clubが勢揃いしましたが、高科里佳役の松田彩希さんが指名されて挨拶しました。

2018-06-07(木) 夜公演

 前説:大坪由佳(岩崎志保)、松田彩希(高科里佳)

  1. ジェラ / I-1club
  2. ゆき模様 恋のもよう / Twinkle (歌唱用衣装)、Wake Up, Girls! (制服衣装)
  3. タチアガレ! / Wake Up, Girls! (制服衣装)

舞台本編で舞台両端にTwinkleが登場してBGM的に「ゆき模様 恋のもよう」を歌うシーンがあったのですが、さらにライブパートで実際に歌を披露するのを見ることができたのは感激でした。2014年の上映・放送以来、アニメ本編でもイベントでもTwinkleが実際に歌うシーンは無かったからです。このライブパート(および6/8、6/9の夜公演)では前半をTwinkleが、後半をWake Up, Girls!が、そして最後に全員で歌う、というものでした。

この公演だったように記憶してますが、Twinkleに代わってWake Up, Girls!が登場した時、青山吉能のみハンドマイクがなく、ヘッドセットオンリーで登場して歌っていました。声は拾われていたので問題はなかったので演出なのだろうかと思っていたら、最後にTwinkleが再登場した時、確かカリーナ役の舞川さんだったか、ハンドマイクを余分に持って入ってきて、青山吉能に手渡す、というハプニング。たぶん忘れてきたのでしょうか。ちょっと面白いものが見れました。

『タチアガレ!』の間奏パートで側転が披露されましたが、これも久しぶりでした。ハンドマイクでの登場だったので、ヘッドセットを使った時にしか披露されない側転を予想していなかったので目にした時はびっくり。ライブでヘッドセットを使うのは2014年までだったので懐かしさを覚えました(確か2017年の舞台でも披露されてはいましたが)。音響トラブルが多く、今では基本、ハンドマイクです。

ちなみに、千秋楽になって青山吉能から明かされましたが、このライブパートでのハンドマイクはダミーだったようです。

2018-06-08(金) 昼公演

前説:奥野香耶(菊間夏夜)、日下部美愛(小早川ティナ)

  1. ジェラ / I-1club
  2. 7 Girls War / Wake Up, Girls!
  3. 極上スマイル / Wake Up, Girls!、I-1club

最後の全員挨拶の時、吉川愛のハッピーバースデーあり。

2018-06-08(金) 夜公演

前説:田中美海(片山実波)、堀越せな(相沢菜野花)

  1. ジェラ / I-1club
  2. ゆき模様 恋のもよう / Twinkle、Wake Up, Girls!
  3. タチアガレ! / Wake Up, Girls!

2018-06-09(土) 昼公演

前説:山下七海(久海菜々美)、立花玲奈(鈴木玲奈)

  1. ジェラ / I-1club
  2. 7 Girls War / Wake Up, Girls!
  3. 極上スマイル / Wake Up, Girls!、I-1club

初日と同じセットリストだったようです。

この公演のみチケットを取れなかったので、当日券は狙わず、東京ビッグサイトで開催されていた「東京おもちゃショー2018」へ行って、キラっとプリ☆チャンのステージを見てきました。桃山みらい(林鼓子)&萌黄えも(久保田未夢)によるステージ初披露の衣装と曲を見ることができ、そちらはそちらで良いものでした。

2018-06-09(土) 夜公演

前説:高木美佑(岡本未夕)、山下夏生(鈴木萌歌)

  1. ジェラ / I-1club
  2. ゆき模様 恋のもよう / Twinkle、Wake Up, Girls!
  3. タチアガレ! / Wake Up, Girls!

2日目と同じセットリストです。

2018-06-10(日) 昼公演

前説:吉岡茉祐(島田真夢)、永野愛理(林田藍里)、持田千妃来(吉川愛)

これまでの前説と違い、3人バージョン。あいり と よしめぐ で島田真夢の取り合い、という内容。

  1. 16歳のアガペー / Wake Up, Girls! (制服)
  2. ゆき模様 恋のもよう / Twinkle
  3. ジェラ / I-1club
  4. Polaris / Wake Up, Girls!、キャスト全員

千秋楽になってセットリストを変えてきて、さらに曲数も増やしてきました。「ゆき模様 恋のもよう」はここで初めてTwinkleによるフル歌唱。WUG史上初の快挙といってもいいかもしれません。

Polarisでは「lalala…」を会場の観客も一緒に歌うという感動的なもの。5周年記念ライブ、Green Leaves Fesと披露されてきましたが、一体感が強くなってきました。

2018-06-10(日) 夜公演

前説:Wake Up, Girls!全員

  1. 16歳のアガペー / Wake Up, Girls! (制服)
  2. ゆき模様 恋のもよう / Twinkle
  3. ジェラ / I-1club
  4. Polaris / Wake Up, Girls!、キャスト全員

個人的にはこの最終ステージを最前列の真中の上手寄りの座席で見ることができたのは幸せなことでした。

 

ところで、林田家(熊谷屋)でみにゃみが食べたお菓子(熊谷屋のくるみゆべし)の数、そこでのアドリブ、Wake Up, Girls!のレッスンによっぴーが入ってくる時のアドリブ、早坂が事務所内で目からシロナガスクジラ……と話すあたりでのアドリブ、などなど、これらをまとめたいところですが、誰かまとめてくださいな。

Wake Up, Girls! 青葉の軌跡の感想の前に(ネタバレもあり)

6/6(水)から草月ホールで上演している『Wake Up, Girls!青葉の軌跡』の感想を書きたいのだけど、まだ終わってないので、現時点で感じたことの一部を書いてみたいと思います。若干のネタバレなので、少し間を開けて。

 

オッドエンタテインメント Presents 『Wake Up,Girls!青葉の軌跡』|オッドステージ|オッドエンタテインメント

 

……ところで、BILIBILI WORLD 2018に、よっぴー(声優)が参加ですか。去年のツアー初日前日の東京→上海→大阪の強行軍が思い出されます。上海はとても楽しいけど夏は暑いよ………

 

 

www.famitsu.comファミ通ゲネプロ取材記事で「Polaris衣装」が登場します。記事冒頭に登場するキャスト集合写真で前列にいるWake Up, Girls!のメンバーが着ている衣装です。

これはテレビアニメの新シリーズである『Wake Up, Girls!新章』の11話以降、および、最終話のライブシーンでWake Up, Girls!の面々が着ている衣装です。実際、舞台ではこの衣装でPolarisを歌うシーンが登場します。

ちなみに、Polaris衣装の初出と、幕張の2017年末のイベントの開催日の関係について考えるといろいろ深読みできてしまう気がするのですが、まとまってないので割愛。

2017年頭に上演された最初の舞台『Wake Up, Girls!青葉の記録』の元となったのはアニメの作品の時系列的には最も古い『Wake Up, Girls!七人のアイドル』でした。

wug-stage.com

今回はキャラクターとして「早坂相」(はやさかたすく)が登場するので、『七人のアイドル』に続く2014年のテレビシリーズ『Wake Up, Girls!』が元となることが事前に予想されました。つまり、舞台中の時間は2014年になります。

 

ところが実際にPolarisが流れてきたのを最初の公演で見た時、頭には「?」が一瞬浮かびました。いきなり2017年(2018年)のシーンが登場するからです。2014年のテレビシリーズの続編である劇場版2本、および、テレビシリーズ『新章』を一気に飛ばした後になります。その直後に回想へと導くセリフによって作中では2014年へと時間は巻き戻されますが。

 

パンフレットを読むと今回の作品は『Wake Up, Girls!新章』という、なんとも表現しにくい、ある意味、昔からのファンにとっては強い言葉で言えば踏み絵的作品の放送があったことを踏まえた上の筋書きになっています。

 

舞台での最初のPolarisのシーンの、新章に絡んだ島田真夢のセリフ、および、島田真夢がスポットを浴びてソロで歌う歌詞はリアルにまだ続く未来への道を示しています。

 

Wake Up, Girls!という作品、およびキャラクターたちは現実世界や現実世界に実在するWake Up, Girls!のメンバー等にも取材して造形されています。2014年に放送された作品の舞台化ということは、単なる次元を変えた作品だというだけでなく、彼女たちやそれを取り巻く他の人たち、そして、舞台に対峙する客席に存在するワグナー達のあの頃をもまた思い出させます。リアルのWake Up, Girls!を元にしたWake Up, Girls!というキャラクターをリアルのWake Up, Girls!が生身で演じていること。そして、それを客席でリアルに見ているのです。

 

様々な理由で会場へと足を運ばなかった、あるいは、運べなかったすべての人のために、この軌跡はせめて映像作品としても残して欲しい。いつか大きな舞台をワグナーブレードやブリリアントカットのペンライトが埋め尽くすことができた時に見返すことが出来るように。