読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日誌(WUG)

Wake Up, Girls! のこと

2016-07-24 Wake Up, Girls! 3rd LIVE TOUR 「あっちこっち行くけどごめんね!」 大阪公演レポ

2016/07/24、大阪の松下IMPホールで開催されたWake Up, Girls! 3rd LIVE TOUR 「あっちこっち行くけどごめんね!」 の2会場目、昼夜の2公演のレポです。

Wake Up, Girls! 3rd LIVE TOUR「あっちこっち行くけどごめんね!」

曲名に特に注記ない場合は全員で歌ってます。文字を太くして色を変えてる箇所が舞浜との差異です。

開演前

わぐらぶのCM、トレーディングカードのCM、おむすび名人のCM(くつろぎ編 + NG集)が流れる

お約束たいそう2 (田中美海 with 青山吉能)

会場のみんなはすっかり慣れたもので笑いとコールが沸き起こる

影ナレ(作・吉岡茉祐)

昼公演

文化祭の出し物のお話(島田真夢、林田藍里)

  • 島田真夢「文化祭の出し物のアンケート書いてきた?」
  • 林田藍里「お化け屋敷!」
  • 吉岡茉祐「却下!」(素に戻った)
  •  
  • 出し物ベスト3 by 林田藍里
  • 3位「わたあめ」
  • 2位「世界の洋菓子100選」インスタとか食べログとか...
  • 1位「眠れる森の美女」
  •  

ここで林田藍里の「眠れる森の美女」の妄想モード

魔女あいりとオーロラ姫まゆしぃの様子を想像するも、王子が姫にキスしようとするところであいりが「キス....だめー!!」と叫ぶ

夜公演

「まゆしぃの 聴けば絶対に灰になるラジオやで 略して マハラジャ」 (吉岡茉祐永野愛理)

第1回にして最終回のラジオ。MCは吉岡茉祐で、ゲストが永野愛理。

お便りコーナー。ラジオネーム"たこやき弁当マヨネーズがけ"さんからのお便り。「全通して灰になります。心意気など聞かせて」

  • (いろんな話のあと...)
  • 吉岡茉祐「高校の友達もくる」

コーナー「プリンセスのうわさ」

  • 永野愛理「とある撮影の間、(ゲームを)またずっとやってた」
  • Wi-Fi必要だよね」
  • 「WUG全員そうだ」

ラジオ終わり。

  • 「もうおわりー?今きたばっかりー」
  • 「ライブはスタート!」

オープニング

ライブツアーオープニング映像スタート。3rdツアーロゴ、2016.7.24、MATSUSHITA IMP HALL、Wake Up, Girls! 3rd LIVE TOUR

高木美佑山下七海田中美海、「ARE YOU READY?」、吉岡茉祐永野愛理、奥野香耶、七瀬佳乃、の順に紹介。

全員、新衣装で登場。そして、3曲を連続して歌います。

オープニングの挨拶

昼公演:
  • 吉岡茉祐「やってきました、3rd LIVE TOUR in 大阪!」
  • 永野愛理「まゆしぃの国だね」

ここで順に挨拶。

  • 高木美佑「よろしくやでー」
  • 山下七海「(会場に向かって)たこやき食べたひと〜? 私は昨日、焼肉食べました」
  • 田中美海「お約束体操が受けてうれしい。1日よろしく」吉岡茉祐「ただいまー」
  • 会場「おかえりー」
  • 吉岡茉祐「灰になる準備はできてますかー?」
  • 会場「はーい」
  • 永野愛理「久々の大阪。10度くらい温度上げていくよ」
  • 奥野香耶「うしろの人もりあがってますかー」
  • 青山吉能「久々の大阪。やでー。ほんまー。ゆうべは某ゲーム(Pokémon GO)をするためにその辺(大阪城公園付近)みんなで歩き回ってた」
夜公演:

ここで順に挨拶。

  • 高木美佑「551のシューマイ食べたので夜はバッチリ」
  • 山下七海「お昼はタコ焼き食べました。タコ焼きパワーでがんばります」
  • 田中美海「世間はPokémon GOですが、ここを一番熱いポイントにしたい!」
  • 吉岡茉祐「(客席に向かって)大阪の人〜? (会場で手が上がる) それ以外の人〜 (手があがる) これから熱くなっていきます!」
  • 永野愛理「昼は会場の気温が10度上がった。夜は30度上げていきましょう!」
  • 奥野香耶「まゆしぃがプリンス...じゃなくてプリンセス。かわいいまゆちゃんを見届けます」
  • 青山吉能「MCで言おうとしてたこと忘れた......最高☝️盛り上がっていけますかー?」

トーク

  • 吉岡茉祐「昼に友達が来た」
  • 青山吉能「友達がいっぱいた(驚くように)」
  • 吉岡茉祐「みんな、よしのかわいい、かわいいて言ってよしのとしゃべってばっかり」
  • 青山吉能「推しは大事にしなきゃ」

新曲紹介

昼公演
  • 永野愛理「新曲3つ、ユニット曲が2つ。一つはななみ、まゆしぃ、かや、よっぴー」
  • 奥野香耶「落ちサビが今日のプリンセス様」
  • 永野愛理「もう一つがみゆ、みなみ、あいり」
  • 永野愛理「ユニット曲2曲はわたしが振り付けやらせていただきましたー!」

ここで山下七海が金のステッキを吉岡茉祐に渡す。キラキラキラいうような効果音付き

田中美海「(吉岡茉祐に向かって)プリンセスになってね。プリンスじゃないよ」

夜公演
    outlander rhapsodyについて奥野香耶「昼、もうコールができていた!」
  • タイトロープラナウェイについて高木美佑「しっとりとした曲。5分間だけはオタク臭を消して歌います (歌う3人はオタ4のうち3人)」

昼同様、ステッキがプリセスまゆしぃに渡される。

  • 青山吉能素敵なステッキ!
  • 会場「わー(お約束)」

(昼はこのノルマを入れ忘れてた青山吉能)

 

(5曲目と6曲目は舞浜とは順番が違っています)

ウェイクアップショッピング(物販紹介ビデオ)

物販紹介コーナー。出演は物販一筋、ショッピング吉岡と、アシスタントに永野愛理、山下七海

ショッピング吉岡「もうあなたは、物販コーナー素通りできない」

昼公演

今回紹介するのは、3rd LIVE TOUR Tシャツ

「Tシャツってもうたくさんあるよー」

「このような使い方もあります。どうぞ」別撮りの映像が挟まれる

山下七海「胸にポケットがあります」といってワグナーブレードやらタオルやらグッズを無理やりに詰め込んでいく。さらに物を取ろうとかがんだら、胸のポケットから物がポロポロと床へ落ちる。あわてて拾い集めてポケットに詰め込んで、どや、っとする山下七海

永野愛理「夏は空調が効きすぎて寒いよぉ。そうだ、ここでスターティングTシャツの上に3rd LIVE TOUR Tシャツを着れば!」と重ね着をする

ショッピング吉岡「服装のせいで風邪とか引きたくない系女子の私にもぴったり」

ここで「ファッション吉岡」のテロップが重ねられる

ファッション吉岡「これなら風邪とかひかないかも」

夜公演

今回紹介するのは、3rd LIVE TOUR リストバンド

  • ショッピング吉岡「リストバンド、何に使う?」
  • 山下七海「汗拭き」
  • 永野愛理「ファッションとして」

「こんな使い方もあります。どうぞ」とVTRが挟まれる

永野愛理「火事だ。逃げなきゃ。げほげほ。どうしよう。そうだ、ここにリストバンドがあった。ハンカチの代わりに使える。」口にあてて背をかがめて逃げる。「これで助かった!」

山下七海「まくらがあわなくて眠れないよー。そうだ、リストバンドを使えば」リストバンドを枕の上にのせ、その上から頭をのせて布団をかぶって寝る山下。「高さと硬さが調整されてちょうどいい。ぐごごぉー」といびきをかいて寝る山下。会場は大爆笑

ショッピング吉岡「うう、寒い。そうだ、リストバンドがあった。あったかーい」

ちなみに夜公演のあと、物販にはリストバンドを求めるワグナーが殺到したとか

I-1club コーナー

スクリーンに白木さん登場。観客のI-1clubコール。そして近藤麻衣の「誰よりも激しく、誰よりも美しく、誰よりも正確に。」の掛け声

7人全員、運命の女神のトランプをイメージした I-1club の新衣装で登場

  • 9) 止まらない未来
  • 10) 運命の女神
昼公演
夜公演

ラスト

過去へと遡るアニメの映像がスクリーンに流れる。内容は以下のようなものが順番に時間を遡るかのごとくつながれていました。オープニング映像、セットリスト、衣装を含め、今回のツアーに通じるテーマがここにはあります。

  • Wake Up, Girls! Beyond the Bottom
    • ラストシーン
    • I-1アリーナの前で久海菜々美が戻ってくる
  • Wake Up, Girls! 青春の影
    • 石神井公演でのシーン。WUGらしさって何だろう。タチアガレ!を歌う
  • TVシリーズWake Up, Girls!
    • 12話。ラストの舞台、島田真夢が私の居場所はここだよ
    • 9話。気仙沼。みんなが海に落ちてお風呂に入る
    • 7話。林田藍里が戻ってくる。林田藍里と七瀬佳乃が泣き合う
    • 5話。岩崎志保の握手レーンで島田真夢と向き合うシーン。MACANAの1stライブで観客が少なくて落ち込む。日立システムズホール仙台での練習
    • 1話。喫茶ビジュゥで全員が集まり、松田が撮影していた勾当台公園のクリスマスライブの映像をスマホで全員で見る。勾当台ステージの様子が流れる
  • Wake Up, Girls! 七人のアイドル』
    • リトルチャレンジャーの映像を見て島田真夢がWUGに合流
    • 望洋台公園で林田藍里に連れられた島田真夢が松田と会って誘いを断る
  • Wake Up, Girls! 出逢いの記録』
  • Wake Up, Girls! 七人のアイドル』
    • 望洋台公園で島田真夢がブランコに乗ってる
    • 仙台駅前

7 Girls War衣装にて再登場。TVシリーズのオープング曲のシングル盤(通常盤)のジャケットに描かれた衣装です。このジャケットの絵柄は続・劇場版前篇『Wake Up, Girls!青春の影』の作中にも登場します。実際に3次元のWake Up, Girls!が着たのは2014年12月14日に幕張メッセで開催された「Wake Up, Girls! Festa.2014 Winter ~Wake Up, Girls! VS I-1club~」です

12)言の葉青葉
13)16歳のアガペー

昼公演

吉岡茉祐「語彙力!すんげーたのしい!まゆしぃめっちゃうれしぃ」(ハイテンション)

夜公演

吉岡茉祐「あっという間。家から大学へ往復するよりも短い時間だった。明日もテスト...」
青山吉能「わたしも...」

告知コーナー

  • キャラソン
  • 3rd LIVE TOURチケットの今後の会場のチケットををロビーにて販売中。背景のビジュアルが舞浜での集合写真にさし変わっており、ドヤ顔のまゆしぃとみにゃみが目立つことで盛り上がる
  • 夜公演はここでWI7nersを簡単に紹介
昼公演
  • 高木美佑「あっという間....(言葉に詰まる)...頭がタコ焼きでいっぱい!」
  • 田中美海「おい、ダイソン!」
  • 山下七海「思いをブログに書きました。今日は母と友達が見に来てる!」
  • 田中美海「後ろも前も見えてる。どこよりも熱い場所になってる」
  • 吉岡茉祐「はじまる前はがっちがちだった。よっぴーが背中を押してくれた。母親とLINEしたら『そんなん(がっちがちになってるの)見せたら負けやで』と送られてきた」
  • 永野愛理「久々の大阪。次は昔住んでた新潟。来てね!」
  • 奥野香耶「(まゆしぃがソロで歌ってる時に)後ろに流れたまゆしぃのメモリーがよかった。まゆしぃ、すっごい好き!」
  • 青山吉能「いつもどやどやしてるまゆしぃが始まる前はリスみたいにかわいかった。福岡は大阪からも新幹線のさくらで一本だから来てね!」
  • 吉岡茉祐「よっぴー、ツボやなぁ」
  • 青山吉能「...言おうとしてたこと忘れた。まぁいいや。いつもはまゆしぃはライオンだけど、今日はかわいかった♡」
夜公演
  • 高木美佑「大阪、最高でした。地方ごとに気持ちも違うからツアーっていいな。あと10公演。まだ2桁。これから夏の思い出を作りましょう」
  • 山下七海「今年もあいりの振り付け2曲。チャームズ活動もかんばるぞ!」
  • 田中美海「お約束たいそう2がウケた。大阪の人はお笑いに厳しいからはらはらしてた」
  • 青山吉能「あの振り、大変なの。とっても真面目なの」
  • 田中美海「さいこーやー!!」
  • 吉岡茉祐「昨日から大阪に入った。リハのあとみなみ、みゆが私の実家に遊びに来てくれた。おいしいタコ焼きを食べた。ゆずだし醤油の。みんな食べた残りを弟が食べた。」
  • 田中美海?「(実家で買ってる犬が)羽のように軽かった」
  • 吉岡茉祐「WUGで仙台を知ってくれるように、ツアーで大阪のことも知ってくれるのが嬉しい。はー、プリンセスができた。みんなのおかげ」
  • 永野愛理「2箇所目ですね。大阪に戻ってこれるようにがんばる。(会場に向かって)全通する人〜! (ちらほら手があがる)。新潟で待ってまーす」
  • 奥野香耶「WUG-1、かや、あいり、みなみの3人でユニット組みたい。」
  • 永野愛理「振り付けつくるよ!」

ここでWI7ners組の4人と、落ちた3人に分かれて並ぶ。WI7ners組は背が高く、落ちた3人は小さい。

  • 「チビーズだ」
  • 「ミニーズ(仮)で」
  • 青山吉能「昼公演で言おうとしたこと思い出した。髪を切りました。爪を青くしました。そんなことはどうでもよくて、まゆしぃの話。まゆしぃは頑張り屋さん。学校、仕事、また学校に仕事。影ナレとか脚本とかでパソコンも叩いてる姿をよく見る。死にそうな顔してることもある。まゆしぃすごい!」
  • 吉岡茉祐「なんで普段言わないの!」
  • 青山吉能「ほら、好感度上げておこうかな、って。今までありがとう!」
  • 吉岡茉祐「まだ卒業しないよ!」

ここで吉岡茉祐青山吉能に抱きつこうとするも、青山吉能が拒む。かわりに硬い握手 (その前にまゆしぃはかやたんに抱きついたりしてた)

  • 青山吉能「最後までとっておこうかな、って」
  • 14)タチアガレ!

アンコール

3rd LIVE TOUR Tシャツで再登場

  • EN1) 7 Girls War
昼公演

昼公演ではここで新発表がはさあまれました。先日開催された、WUG-1グランプリ結果発表

Aチーム (宮城選挙区。定員3)

  1. 島田真夢 (5,852票)
  2. 久海菜々美 (5,315票)
  3. 七瀬佳乃 (4,832票)

Bチーム (東京選挙区。定員3)

  1. 岩崎志保 (6,529票)
  2. 近藤麻衣 (4,871票)
  3. 吉川愛 (4,162票)

他メンバーで最多得票 (比例区。定員1)

  1. 岡本未夕 (4,541票)

ユニット名は「WI7ners」(ウィナーズ。7をハートマークで囲む)

夜公演では告知はなく、すぐに次の曲へ

  • EN2) 極上スマイル

ステージの上も会場もすっかりお祭り状態。Wake Up, Girls!メンバーは自由に動きまわり、会場もノリノリ。銀テープも降り注ぎます (テープの幅と書かれているメッセージは舞浜公演とは違うものでした)。お祭りのような楽しさの中、公演終了。

舞浜から連続して参加したワグナー達の感想としては、なんでこんなに楽しかったのだろう。とても素晴らしかったと絶賛の嵐でした。ごく一部を除けばおおむね平和なオールスタンディングのライブで、広い会場のテンションはとても高いものでした。私は前から半分くらいの場所、あるいは後ろに近い場所から見ていたのでステージの全景はどうしても見えなかったのですが、それでもなんだか胸に来るものがあってとてもハイになれました。舞浜のステージは最前列で見れたこともあるし、みゆちゃんのプリンセス姿が輝いててとてもよかったのだけど、それでもどこかまだどこかもう一歩な感がありました。演者も硬かったようですが、大阪ではもうみんな伸び伸びとステージを楽しみ、全力で会場にそのパフォーマンスをぶつけてきました。会場もそれに応えようと高まってたように思います。

なお、私の見逃した部分や、細かな各演者の動きなどはこちらのtwitterまとめをどうぞ。

togetter.com