日誌(WUG)

Wake Up, Girls! のこと

Wake Up, Girls! Beyond the Bottom シネ・リーブル池袋 舞台挨拶1回目レポ

2015/12/19、シネ・リーブル池袋の13時の回上映後の舞台挨拶。ネタバレありなので、映画未見の方はご注意を。また、内容は走り書きのメモを元にしてますので発言者の間違い、微妙な言い回しなどに間違いもあると思いますので、ご容赦ください。

司会はavexのムラタさん。

出演は高木美佑山下七海、吉岡茉祐。BtBの衣装で登場

七海「お気に入りの衣装をみんなの前で見せることが出来て嬉しいです」
茉祐「寒いでーす。スタッフの方がブランケット貸して下さって、池袋の暖かさを感じた」
茉祐「この衣装で少女交響曲を歌う時、肩を手で触れるところがあるけど冷え性で手が冷たいので手を浮かしてる。仲悪いわけじゃないよ」

司会「まわりの反響は?ご家族とか」
美佑「まだ見に行ってない。これから行くと言ってた」
茉祐「初日一番に見に行った。(いつものように)長文の感想を送ってきた」
七海「大田が痩せたんじゃない?と聞かれた。そうでしたっけ」
観客「痩せてた〜」
七海「そう伝えておくね〜」

司会「お気に入りのシーンは?」
七海「戻ってきた時にみんなが泣いて迎えてくれるシーン。あったかいなあ、て」
美佑「最後の白木さんと早坂の会話」
茉祐「先に言われた〜」
茉祐「真夢と志保の会話のシーン。美味しいトンコツラーメンの店を教えてくれるという志保のデレ。私だけが堪能できた」
美佑「教えてほしいなぁ」

全体に緩い雰囲気。まゆしぃが先日に引き続きポワポワしてる。
七海「今日は緩いね。私がいるからかな」

司会「BtBについてお気に入りのところなど」

茉祐「サビの前の肘を突き出す箇所。私は手を伸ばす仕草なので(みんなと違って)やらないのに覚えた。よっぴーがよく聞いてくるので教えてる」
七海「油断すると、『カオスとなったこの自由から』を『カボスとなったこの地球から』と歌ってしまう」
茉祐「それは嫌だなあ。逃げるわ」
美佑「何度も言われるとうつってしまう。しまわない?」
「黒い目の魚達が、は2回とも愛理が歌うけど、サメだから?」

司会「『あれから少しは変われたかな、私たち』とありますが」
茉祐「いろいろありすぎて。ほんとにかわったな」
茉祐「ボイスメモを整理してた。ショーケースイベントの時の待田さんが書いてくれたWake Up劇場。あの時は上手だと思ってた美海ですら下手だった。美佑も声が低かった」
美佑「そうだっけ」
茉祐「ゆるキャラの話してた。よくこういうので披露してた」
七海「合宿。走りたくないから美海と一緒に雨乞いしてた。(経験を積んで大人になった)今だったら、それくらいやれよ、と思ってしまう」
茉祐「美海の雨乞いも(ボイスメモに)残ってる。水ばらまいてた」

美佑「ソロイベ、ツアー、わぐばん、いろいろあった」
七海「まゆしぃもわぐばんで開花したしね」
美佑「わぐらじもね。まゆちゃん
七海「ピュアだからね。純粋だからね
茉祐「七海にいわれたら終わりだよ!」

司会「今後の抱負など」
美佑「ここからつなげていくのWUGの力」
七海「20になって家賃を払うようになった。そろそろ振り込みに。身の回りも自分でできるように」
茉祐「いろんなことをさせてもらうようになった。来年は声優として、演技の幅を」


司会「観客から質問を」
(すぐに反応がなくて壇上で会話始まる)
美佑「朝ごはんなんだった?」
七海「朝ごはんはホットドッグ」

司会「あの、観客から...」

観客「監督からかけてもらった言葉で印象に残ってるのは」
茉祐「茉祐、今の髪型いいよ」
七海「三つ編みした時に言われた」
「監督ってすぐ髪のことに気づくよね」
美佑「前髪切りすぎた時に散々いじられた。幕張のイベントがDVDになるなら(自分の部分を)撮り直して欲しい」

(最後に)

美佑「限定版あります。付属のCDあるのでぜひ」
七海「メディアいなかったので、ヌルッと。コラボドリンクの色が白くて衣装っぽく」

司会、池袋限定WUGコラボドリンク、「WUG!わぐ!カルピスソーダ」のキャッチコピーを読み上げる

三人が少女交響曲のメロディにのせてキャッチコピーを歌う

♪君にとどけたい。青リンゴとカルピスの奏でる交響曲(シンフォニー)

「途中が早口になっちゃうね」

挨拶をして終了。